「紙のトートバッグ」に混ざっているのは……?

応援購入サービス「Makuake」に、紙加工会社によるちょっと変わった環境に優しいバッグが登場。

紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。素材が紙なのでペンで絵を描いたり、ステッカーを貼ったりと自分好みにできるアレンジが楽しく、持ち手は布でできているので劣化する心配もナシという一品だ。

……と、ここまでは普通に便利なバッグなのだが、一味違うのは素材に使用されている紙

なんと、ウミガメの卵の殻を粉末にして混ぜた"ウミガメ殻入りペーパー"なのだとか。

支援金は全額寄付され、海洋プラスチックゴミを食べて死んでしまうウミガメの保護活動に役立てられるそう。

生き物の不要となった一部を使うことで、環境問題に関心を持ってもらいたいという想いが詰まったプロダクトだ。気になる人はコチラから。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事