「紙のトートバッグ」に混ざっているのは……?

応援購入サービス「Makuake」に、紙加工会社によるちょっと変わった環境に優しいバッグが登場。

紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。素材が紙なのでペンで絵を描いたり、ステッカーを貼ったりと自分好みにできるアレンジが楽しく、持ち手は布でできているので劣化する心配もナシという一品だ。

……と、ここまでは普通に便利なバッグなのだが、一味違うのは素材に使用されている紙

なんと、ウミガメの卵の殻を粉末にして混ぜた"ウミガメ殻入りペーパー"なのだとか。

支援金は全額寄付され、海洋プラスチックゴミを食べて死んでしまうウミガメの保護活動に役立てられるそう。

生き物の不要となった一部を使うことで、環境問題に関心を持ってもらいたいという想いが詰まったプロダクトだ。気になる人はコチラから。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...