「紙のトートバッグ」に混ざっているのは……?

応援購入サービス「Makuake」に、紙加工会社によるちょっと変わった環境に優しいバッグが登場。

紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。素材が紙なのでペンで絵を描いたり、ステッカーを貼ったりと自分好みにできるアレンジが楽しく、持ち手は布でできているので劣化する心配もナシという一品だ。

……と、ここまでは普通に便利なバッグなのだが、一味違うのは素材に使用されている紙

なんと、ウミガメの卵の殻を粉末にして混ぜた"ウミガメ殻入りペーパー"なのだとか。

支援金は全額寄付され、海洋プラスチックゴミを食べて死んでしまうウミガメの保護活動に役立てられるそう。

生き物の不要となった一部を使うことで、環境問題に関心を持ってもらいたいという想いが詰まったプロダクトだ。気になる人はコチラから。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
ニューヨーク発のバッグブランド「LeSportsac(レスポートサック)」から、ペットボトルでできたリサイクル糸を使用したバッグが登場。
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「PUEBCO(プエブコ)」のVINTAGE SLING BELT HANDLE TOTEは、インドの建設現場から出た廃材と、製造工場で余った業務用の頑丈...
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
ベルギーの人気バッグブランド「キプリング」が「コカ・コーラ」とコラボしたコレクションを発表。再生ペットボトルを使用した初となるバッグコレクションでもある今...
特許取得のストラップで身体に固定できるバッグ「FIXTOTE」が、さらに使いやすくなって新登場。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。