これからを生きるために必要な「レジリエンス」とは?

世の中の変化を加速させた新型コロナウイルスのパンデミック。そんななか、注目されている言葉がある。それが「レジリエンス」だ。SDGsでも頻出するこの「レジリエンス」とは、何を意味するのだろうか?

ここでは、レジリエンスの意味について解説しながら、SDGsの中での使われ方やその他のレジリエンスが使われる場面についても紹介していく。

レジリエンスを強化するためのヒントとなればと思う。

レジリエンスとは?

©iStock.com/MarioGuti

レジリエンスとは、「困難で脅威を与える状況にもかかわらず,うまく適応する過程や能力,および適応の結果のこと」を意味する心理学の言葉。(出典:最新心理学辞典)日本語に訳すなら、復元力、回復力、弾力が当てはまる。

もともとこの言葉は、物理学の言葉として使われていた。そこから、心理学の言葉として使われるようになり、最近ではビジネスや労働環境、地球温暖化問題など社会の中のあらゆるシーンで対応力や危機管理能力といった意味で使われている。

日本でレジリエンスが注目されるようになったきっかけは東日本大震災とも言われている。東日本大震災がおきた直後、被災地では大きな暴動が起こることはなかった。また、被災者の方々のほとんどが非常に前向きだったことは、多くの人々の心を動かした。こうした日本の災害における「元に戻ろうとする力」が再び重要視されるきっかけとなったのだ。

SDGsにおけるレジリエンス

©iStock.com/PhotoGoricki

SDGsを理解するためには、レジリエンスの意味を押さえておくことが非常に重要だ。

そもそもSDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」のことで、国連サミットにて世界の掲げる目標として採択された。SDGsの中には17の目標が含まれており、その目標がさらに細かく定義され、169のターゲットとさらにその下に232の指標が用意されている。

例えば「11.住み続けられるまちづくりを」では、災害に対する強靱さ、つまりレジリエンスを高めようという内容がある。災害予測や被害推定を強化して、万が一に備えることでレジリエンスを高めることを目標としている。

また、「14.海の豊かさを守ろう」でもレジリエンスが求められている。海洋生態系を持続的なものにするために、保護や監視を行うことでレジリエンスを高めようとしている。

「13.気候変動に具体的な対策を」でも、地球温暖化による気候変動に対する対策として、レジリエンスの強化が求められている。サーキュラーエコノミーやカーボンニュートラルの実現などに向けての取り組みが実施されている。

他にも、「1.貧困をなくそう」でもレジリエンスは取り上げられており、SDGsの達成にレジリエンスは欠かせないものだということがわかる。

▼参考記事はこちら▼

レジリエンスが注目される場面

心のレジリエンス

心のレジリエンスとは、立ち直る力のこと。心が折れやすい人に対して、レジリエンスを高めることが推奨されることがある。他にも、何かトラウマになる経験をした人や避けることが難しいストレスにあったときにも、レジリエンスは取り上げられる。このように本人がレジリエンスを高めようとするだけでは解決できず、トラウマやストレスのきっかけとなっている環境も重要な要因になってくる場合がある。

▼参考記事はこちら▼

働き方のレジリエンス

働き方改革が始まり、特に注目されるようになったのが働く環境におけるレジリエンス。働く環境におけるレジリエンスで大切なのは、リーダーのマネジメント法と個人のレジリエンス。リーダーがマネジメントの中で、メンバーの業務量を調整したり、個人個人の心のレジリエンスを高めることが必要なのだ。

ビジネスのレジリエンス

ビジネスシーンにおいてもレジリエンスは注視される。ビジネスにおいてレジリエンスを高めるときには、働く人のレジリエンスももちろんだが、ビジネスやプロジェクト自体の仕組みをレジリエンスに富んだものにしておくことが大切。例えば、あるプロジェクトに何か予想外の問題が発生したときに、すぐさま代替案に切り替えられる準備をしておくこと。A社との取引に問題が起きたときのために、代わりの会社の検討をあらかじめつけておくなど。個人の内面としてのレジリエンスも求められるが、レジリエンスに富んだ仕組み作りをしておくことが重要なのだ。

暮らしのレジリエンス

暮らしにおけるレジリエンスは、心と経済的なものの両方が必要。心の状態を整えることは、生きていく上でもちろん必要であり、人と一緒に暮らすことで強化されることも。また、災害や失業など予想しない事態にも対応できる経済的余裕も求められる。

Top image: © iStock.com/Sjale
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
私たちは人生のなかで、仕事、プライベート問わず様々な困難や逆境に出会います。「乗り越えられない」と思うほどの大きな壁にぶつかったときこそが、成長するチャン...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
嫌なことがあってもすぐに立ち直ってしまう人のことを「あいつはポジティブな人間だ」なんて言いますよね。でもじつは人間は誰でもこの力を持っていて、うまく活かす...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
8月31日〜9月4日まで「micro FOOD&IDEA MARKET」をはじめとした大手町・丸の内・有楽町にある全12スペースにて、“SDGs”がテーマ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「阪急阪神ホールディングス」と「東急グループ」は、9月8日より、ラッピング列車「SDGsトレイン 2020」の運行を開始する。
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
食用に適さない古米や砕米を配合したホテルアメニティ商品が発売。SDGsの観点からも、既存の製品では世界の潮流にそぐわないと考えた「山陽物産株式会社」が、生...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
誰もが持っていて、使い方さえ知っていれば人生を強力にサポートしてくれる「レジリエンス」という言葉。一般的には回復力や復元力などを指しますが、困難や逆境にぶ...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...