「SDGsを知っている」のは約5割!全国の小学生約1万5千人のアンケート結果

「子ども新聞」や「子ども向け紙面」をつくる全国の新聞社21社が協力し、全国の小学生を対象に「よりよい世界をつくるためには」という内容でアンケートを実施。

約1万5000人からの回答では、SDGsを知っていた子は全体の48.5%になるなど、興味深い結果となった。以下に得られた主なトピックを掲載。

「アンケートから見えてきた主なトピック」

  1. SDGsを知っていた子は全体の48.5%
  2. SDGs17つの目標で興味があるのは、1位:「海の豊かさを守ろう」、2位:「安全な水とトイレを世界中に」、3位:「人や国の不平等をなくそう」
  3. 85%以上の子が地球の未来を心配している
  4. 環境のために何かに取り組んでいる子は92%以上
  5. 今住んでいるまちに住み続けたいと答えた子は約8割
  6. 多様性という言葉を聞いて、一番思い浮かぶのは、「障がいのある人もない人もいっしょに働いたりスポーツをしたりできること」
  7. 日本が世界と協力して取り組むべき課題は「争いを減らすこと」、「地球温暖化防止」

子どもたちの認知が予想以上と思うか、当然と思うか。

ただ、彼らにとってはこれからの将来に一番影響を受ける、“自分たちのこと”という関心事なのは間違いない。

アンケート概要

【調査方法】子ども新聞、子ども向け紙面の読者を対象にインターネット、はがきで実施
【調査対象】全国の小学1年生~6年生 有効回答数:1万5104
【調査期間】2020年12月4日~2021年1月31日

Top image: © iStock.com/Anastasiia Stiahailo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事