会社で「養蜂」を始めるためのセット

ミツバチの飼育をする養蜂の問屋として日本最古の歴史を持つ「株式会社秋田屋本店」が、養蜂を通して企業のSDGs活動をサポートする「企業養蜂」事業を今年2月よりスタートさせた。

これは、企業の社員がミツバチの飼育を実践することで、「自然環境」を自らに関係する事柄と認識し、地球規模の環境問題に取り組む企業活動のあるべき姿を描く動機付けになることなどを目指したもの。

申し込んだ企業には、養蜂器具一式44点ミツバチセット(女王蜂・雄蜂・働き蜂)養蜂の技術がわかるオリジナルDVDが届けられる他、「近代養蜂発祥の地」の岐阜で、経験豊富な秋田屋本店の養蜂部員が丁寧に手ほどきをする実地研修を通して、養蜂技術を習得していく。

SDGsへの感度が高い企業であれば、全国から、業種を問わず申し込むことができ、養蜂は工場、倉庫の空地の一角などで取り組めるという。

養蜂は、個人による「趣味養蜂」、都市部の緑化や生物多様性の保全などを目的に市民団体などがビル屋上などで展開する「都市養蜂」、さらには生きた環境学習として教育分野への活用などさまざまな態様での広がりを見せており、今回紹介した「企業養蜂」もその一つだ。

なお、本セット販売価格の一部は、環境保全活動に取り組む行政・機関、市民団体などに寄付される。

花粉の媒介者、「ポリネーター(pollinator) 」とも呼ばれ、植物の生育・繁栄に欠かせない存在であるミツバチ。SDGsを考えるきっかけは、こんなところにも。

©株式会社秋田屋本店
©株式会社秋田屋本店
©株式会社秋田屋本店

株式会社秋田屋本店

【公式ホームページ】http://www.akitayahonten.co.jp/

Top image: © 株式会社秋田屋本店
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月1日〜16日、東京・青...
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
全国の小学生を対象に「よりよい世界をつくるためには」という内容でアンケートを実施したところSDGsを知っていた子は全体の48.5%となった。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
8月31日〜9月4日まで「micro FOOD&IDEA MARKET」をはじめとした大手町・丸の内・有楽町にある全12スペースにて、“SDGs”がテーマ...
「阪急阪神ホールディングス」と「東急グループ」は、9月8日より、ラッピング列車「SDGsトレイン 2020」の運行を開始する。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
食用に適さない古米や砕米を配合したホテルアメニティ商品が発売。SDGsの観点からも、既存の製品では世界の潮流にそぐわないと考えた「山陽物産株式会社」が、生...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
「FIVEISM × THREE」から、ブランドが提唱するステルスメイクの基本であるベースメイクを、さらに手軽に始めるための限定セットが発売。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
4月5日、「Starbucks Coffee Korea(スターバックス コーヒー コリア)」は、2025年までに全店で使い捨てカップを廃止すると発表。使...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
4月22日の「EARTH DAY」に「adidas」は「Ultraboost Made To Be Remade」を発売。接着剤や染料が一切使用されず、な...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...