「ABCクッキングスタジオ」が「食材使いきりレッスン」をスタート

「キッチンから世界を変える」というスローガンを掲げ、独自のアイデアで食品ロス削減に取り組む「ABCクッキングスタジオ」。今年1月4日より、新たなレッスンプログラムとしてスタートしたのが「食材使い切りレッスン」だ。

「作り置き」のためのレシピではなく「使い切り」のためというのがいいじゃないか。

12月29日までの期間、全国のスタジオにて食品ロス削減を目的とした1dayレッスン「SDGsアクション!かぼちゃの使い切りレッスン~食品ロスを減らそう~」を実施。

©株式会社ABC Cooking Studio

「チキンとベーコンのかぼちゃクリームペンネ」「かぼちゃコロッケ」「グリル野菜のマリネサラダ」「パンナコッタ~かぼちゃの種のキャラメリゼ~」

レッスンは、家庭で使い切れないという声の多い「かぼちゃ」を1/2個(2人分)使い切って作る4品のメニュー。

皮だけでなく、ワタもくりぬいて捨ててしまわずそのまま蒸して潰せば、おいしいコロッケのタネになる。もちろん種だって捨てない。キャラメリゼしてパンナコッタに添えていただけば、過剰除去どころか丸ごとおいしく使い切ることができるという。

入会金無料(参加費2,000円)、1回完結のレッスンで、おいしく、しかも家庭から出るゴミも減らせるレシピが覚えられる。

「廃棄大国」と呼ばれる日本の食品ロスのおよそ半分は、一般家庭から出ていることを考えれば、料理教室からSDGsアクションという流れは必然なのかも。

©株式会社ABC Cooking Studio

4品作って出る廃棄はこれだけ。わずか16グラムだそう。

『SDGsアクション!かぼちゃの使い切りレッスン~食品ロスを減らそう~』

【開催場所】全国のABCクッキングスタジオ
【開催期間】2020年12月29日(火)まで
【参加費】2000円(材料費込・税込)
【予約方法】店頭、電話、またはウェブサイト受付(受講日の前月10日より受付開始)
【URL】 https://odl.abc-cooking.co.jp/one/lesson/detail150007717

Top image: © 株式会社ABC Cooking Studio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。