「ABCクッキングスタジオ」が「食材使いきりレッスン」をスタート

「キッチンから世界を変える」というスローガンを掲げ、独自のアイデアで食品ロス削減に取り組む「ABCクッキングスタジオ」。今年1月4日より、新たなレッスンプログラムとしてスタートしたのが「食材使い切りレッスン」だ。

「作り置き」のためのレシピではなく「使い切り」のためというのがいいじゃないか。

12月29日までの期間、全国のスタジオにて食品ロス削減を目的とした1dayレッスン「SDGsアクション!かぼちゃの使い切りレッスン~食品ロスを減らそう~」を実施。

©株式会社ABC Cooking Studio

「チキンとベーコンのかぼちゃクリームペンネ」「かぼちゃコロッケ」「グリル野菜のマリネサラダ」「パンナコッタ~かぼちゃの種のキャラメリゼ~」

レッスンは、家庭で使い切れないという声の多い「かぼちゃ」を1/2個(2人分)使い切って作る4品のメニュー。

皮だけでなく、ワタもくりぬいて捨ててしまわずそのまま蒸して潰せば、おいしいコロッケのタネになる。もちろん種だって捨てない。キャラメリゼしてパンナコッタに添えていただけば、過剰除去どころか丸ごとおいしく使い切ることができるという。

入会金無料(参加費2,000円)、1回完結のレッスンで、おいしく、しかも家庭から出るゴミも減らせるレシピが覚えられる。

「廃棄大国」と呼ばれる日本の食品ロスのおよそ半分は、一般家庭から出ていることを考えれば、料理教室からSDGsアクションという流れは必然なのかも。

©株式会社ABC Cooking Studio

4品作って出る廃棄はこれだけ。わずか16グラムだそう。

『SDGsアクション!かぼちゃの使い切りレッスン~食品ロスを減らそう~』

【開催場所】全国のABCクッキングスタジオ
【開催期間】2020年12月29日(火)まで
【参加費】2000円(材料費込・税込)
【予約方法】店頭、電話、またはウェブサイト受付(受講日の前月10日より受付開始)
【URL】 https://odl.abc-cooking.co.jp/one/lesson/detail150007717

Top image: © 株式会社ABC Cooking Studio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...