ドイツの「移民や難民」と心を通わせる料理教室

紹介するのは、「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらう活動に力をいれています。そこから、「お互いに享受できるものがある」ということを理解してもらうためです。

2018年ロシアワールドカップ1次予選敗退後には、元ドイツ代表メスト・エジル選手の「勝てばドイツ人、負ければ移民」という言葉がサッカー界を中心に波紋を呼びました。でも、そこは積極的に移民や難民を受け入れているドイツ。彼の言葉に、移民や難民が置かれた肩身の狭い状況を感じましたが、一方で当たり前のように移民や難民の文化を理解しようとする動きもあります。

ちなみに、料理教室の他にも、「Über den Tellerrand」は36のプログラムを手がけていて、養蜂やガーデニングなど多種多様な文化を体験できるみたいですよ。

Top image: © Über den Tellerrand
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
パンクにはいろんなイメージがあります。実際にいろんな思想を持ったパンクスがいます。
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...