ドイツの「移民や難民」と心を通わせる料理教室

紹介するのは、「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらう活動に力をいれています。そこから、「お互いに享受できるものがある」ということを理解してもらうためです。

2018年ロシアワールドカップ1次予選敗退後には、元ドイツ代表メスト・エジル選手の「勝てばドイツ人、負ければ移民」という言葉がサッカー界を中心に波紋を呼びました。でも、そこは積極的に移民や難民を受け入れているドイツ。彼の言葉に、移民や難民が置かれた肩身の狭い状況を感じましたが、一方で当たり前のように移民や難民の文化を理解しようとする動きもあります。

ちなみに、料理教室の他にも、「Über den Tellerrand」は36のプログラムを手がけていて、養蜂やガーデニングなど多種多様な文化を体験できるみたいですよ。

Top image: © Über den Tellerrand
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...