前世で「難民を運んでいた」カバン

製作背景に惹かれました。

ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造するバックパックやラップトップケース。カラーやフォルムもよく街で見かけるようなものですが、ポイントは素材です。これらには地中海を渡ったであろう「難民が乗っていたボート」が使われています。

「mimycri」の創設者であるVeraさんとNoraさんが、ギリシャのキオス島のビーチ清掃をしているときにいくつもの乗り捨てられたゴムボートを見つけて、このようなアップサイクルを考案したといいます。

現在、発送対応しているのは主に欧米諸国のみですが、こめられた新しい価値は、ぜひ使ってもらいたいとオススメできますし、個人的にとても欲しいアイテムです。

Top image: © 2018 mimycri
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...