ドイツで400万人動員の大ヒット!難民問題を笑いで包んだ「上質なコメディ映画」

2015年、ドイツのメルケル首相は、シリアやアフガニスタンからの難民100万人を入国させると発表。その世界的なニュースを記憶している人は多いだろう。ヨーロッパで深刻化する難民問題は、賛成派と反対派が対立して、今でも揺れ動いている。

しかし、島国に住む僕たちにとっては、あまりリアリティが感じられない。どこかの遠い国で起きていること。そう捉えがちだった。ところが、外国人との交流という視点から見えば、日本でも直面しているトピックなのだ。

飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」という問いに答えなければならないだろう。本作品『はじめてのおもてなし』は、実り多い国際交流のための多くの気づきを与えてくれる。

違いを愛せるか?

物語の舞台は、ミュンヘンにある閑静な住宅地。旧西ドイツだったミュンヘンは、国内でも物価が高いことで知られている。そこで暮らす裕福な家族がナイジェリアから来た難民の青年を自宅に住まわせることから、ストーリーは展開していく。

7a1500729bcb409c53d0f7c0f70fcf22702cd98148afa3176118ad8dd624245c1ae5fce4b507a948

文化や習慣の違いによる数々のハプニングは、予想以上。一家は、近隣の住民の抗議に直面したり、テロ疑惑をかけられたりして大騒動に発展してしまう。ネタバレになるのでこのへんでやめておくが、本作品で提起されているのは、生まれも境遇も異なる相手への理解である。

とかく重くなりがちは難民問題。笑いというオブラートで包んだ本作は、身近なところから難民について考えるきっかけとなるはずだ。

裕福な家族≠幸せ
難民≠不幸せ

Eebce0be164dced6f006944282be8050909601fd

ゆとりのある生活を楽しむアッパークラスの家族。全てを捨てて異国に逃げざるをえなかった難民青年。その幸福度は、言うまでもなく明らかだ。しかし、そんなステレオタイプな思い込みは、ストーリーが進むごとにガラガラと崩れることになる。

Ce7a7d1c416e59353ffcbd1a6007628920387fb0

仕事引退後の喪失感、家庭での孤独、ワーカホリック、自己アイデンティティの崩壊…。先進国独特のリアルな諸問題があぶり出されていく展開は興味深い。いつの間にか、「裕福な家族=幸せ。難民=不幸せ。」という図式がスクリーンの中で逆転していくからだ。

4e0795b8173725e37b51b15bb6bb01204be60ddd

家族の絆が崩壊して、裕福なはずなのに不幸にしか感じられないドイツ人家族こそ、助けが必要なんじゃなかと思えてくる。しかし、この描写、多かれ少なかれ、僕たち自身にも身に覚えがあるのではないだろうか。

699b373cd41fd8d646d1e113eefe077fd76c9324

もし、自宅に難民を住まわせるとしたら、どんなおもてなしをするだろう?そんな想像を膨らませながら、この映画を観る。そんなアイディアだって面白いかもしれない。

『はじめてのおもてなし』
2018年1月13日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。公式サイトは、コチラ

©2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES FILM GMBH

Licensed material used with permission by はじめてのおもてなし
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
外資系広告代理店時代、後の席に座っていた女性AD(アートディレクター)に勧められたのがきっかけで読んだ漫画が「NANA」だった。
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
先日、イスラエル政府は、侵入者を管理する監査官の求人広告を出しました。それは難民を見つけ出し、取り調べをし、必要に応じて捕まえるというもの。選考された人に...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...