「最近、なぁんも良いことない…」そんな自分のなだめ方。

踏んだり蹴ったりの日ってあると思うんです。連日寝不足、電車は満員、会社は遅刻、上司は激怒…などなど。

今日1日、ものの見事に嫌なことづくめ!でも、このまま終わるのはさすがにちょっと。

そんな時、ちょこっとやってみてほしいことを「Elite Daily」のさんの記事でご紹介しましょう。

家に帰ってひとりでもできることも。根本的な解決にならなくても、少しは救われることもある、きっと…。

01.
ヘッドフォンつけて、
ひとり踊り狂う

心拍数だけじゃなくってテンションも上がるし、簡単なエクササイズにもなるうえに、精神的にも感情表現ができて良いカンジ。

2012年の、スウェーデンのオレブロ大学の研究者たちの研究によると、ランダムに選ばれた「心配事や不安を持つティーンエイジャーの女の子」たちをグループ分けして、あるグループをダンスのクラスに参加させ、別のグループを全くダンスに触れさせないでみたら、結果的にダンスに参加した子たちの方がより強い自尊心を持つようになったんだって。

自尊心がより高まった子たちのグループは、毎日の憂鬱なことにもより上手に対処して行けるようになったんだとか。

02.
(恋人に限らず)好きなひとと過ごす

まぁ、恋人ならもっと良いのかもしれないけど…。でも真面目に、オフィスのひとつ上のフロアで働いてる人で、カフェテリアでみるたびに彼の話に笑っちゃう、というような、それだけの関係の人でも良い。

純粋に好きな人物なら、毎日少しでも一緒に過ごしたり、話してみる価値は絶対ある。

ついつい忘れがちなことだけど、社会的な関わり合いや影響の与え合いって、気持ちよく過ごすには必要不可欠。どうせなら限りある時間、少しでも好きな人と過ごそ。

03.
他人に親切をして、良い気分に浸る

誰かの1日をちょこっとよくしてあげる、ことにもなるけど、これで自分の1日も気分良くなるもんだ。

そんなに手間のかかることじゃなくって良い。毎日「なんだかな〜」と思っている同じような人を見つけて、ちょっとしたことでも褒めてみるとか、ルームメイトのために郵便局で用事を済ませてきてあげるとか、お昼ご飯を分けてあげるとか。

ちょっとでも良いことして、「私、最高じゃない?」って密かに思っちゃおう。

04.
美味しい空気を吸う

都会に住んでると、美味しい空気ってあんまり吸えない…でも、とにかく外に出よう!

雨が降ってようが、晴れていようが、雪だろうがみぞれだろうが暑かろうが、とにかく数分屋外へ。で、空と大地(たとえコンクリートでも)を味わおう。

ずっとオフィスとかにこもってるよりは、気分いいこと間違いなし。

05.
時間をつくって
ゴハンを楽しむ

ちゃんと座って、食べることに集中すること!3食のうちどれかだけでも、ご飯を楽しむためだけの時間を作るだけでだいぶ違う。

食べている間スマホに触れない、パソコンを見ない、書類に目も通さない!

テイクアウトだろうが出前だろうが、ちゃんとしたお皿に盛り付けて、座って、「おいしいおいしい」とひたすら味わい楽しむのだ。

06.
人生で「よかった〜!」
なことを思い浮かべる

リストとして完全に書き出すとか、そんなことはしなくて良いので感謝できる瞬間や楽しかったことを思い浮べよう。ポストイットに書いてもいいかも。人生、今日だけじゃないし。今日がたまたま、見事についてなかっただけで、明日はそんなことないかもしれないし。

「よかったことなんてひとつもないよ」と思うかもしれないけど、「この間割り箸を片手で綺麗に割れた」とかでもなんでもいい、ひとつ思い出せば他もスムーズに思い浮かぶようになるはず。

07.
ただひたすら、落書きに没頭

適当に紙とカラーペンなんかを使って、思いつくまま落書きしよう。怒りを込めてもよし。絵を描くのが好きじゃないなら、塗り絵もいい。誰に見せるわけじゃないから変でも雑でも構わないし。

とにかく何か創造的ようなことをするのが精神的に良いことは、広く知られているとおり。自分を表現する、吐き出す時間を見つけよう。流れに乗れば、我を忘れるほど集中できて、嫌なことも忘れられるかも。

08.
いつみても笑える動画をみる

可愛い動物や赤ちゃんのビデオでも、おかしなものでも、Vinesの古いやつでもなんでもよし。

1日1分でもいいから声を出して笑う時間にしてみよう。笑いは最高の薬、元気をくれるものでもあるんだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
少し前の話になりますが、「自分史フェスティバル 2017スペシャルイベント」に参加してきました。自分史とは、自分の生き方を記した書物やメディアのこと。それ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
旅には、人生が凝縮されています。
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...