【自己中こそ幸せへの近道!】世界を旅するライターがそう感じた8つの理由

「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anjana Rajbhandaryは、「Thought Catalog」でこう語ります。「自己中になろうと決めたのは、私にとって人生で最高の決断」と。その8つの理由とは?

01.
自分を大切にすれば
周りの環境も良くなる

自分を大切にするために、私の幸せを願ってくれる人たちと付き合うようにしました。うんざりするような人たちとは距離を置くことで、私自身もネガティブな感情から解放されるようになりました。

02.
幸せになるのは
悪いことじゃない

世界には悲しいことや不幸なことがたくさんありますが、自分にどうしようもできないことに罪の意識を感じる必要はありません。世界を変えることはできなくても、世界に対する接し方を変えることはできます。

必要以上に悲観的になる必要はないのです。

03.
やってみたいことは
素直に「やってみたい」
と言って大丈夫

家族は私にドクターの道を勧め、教授は科学者の道を勧めました。また私自身も何を望んでいるのかわかりませんでした。でも結局、「私の人生を生きれるのは私だけだ」と気がつき、日々の暮らしを愛せる仕事に就きたいと思ったのです。

今はまだそれが何なのか分かりませんが、見つけるプロセスを楽しんでいます。

04.
自己中なほうが
素敵な友達ができる

以前の私は、自分の中の混乱や闇の部分と戦っていましたが、自分自身にしっかりと光をあてることで、友人とも100%向かい合うことができるようになりました。それは、周りの人にとってもハッピーなことでしょう。

私自身が、「私と友達になる」のです。

05.
物事を
決めつけなくなった

他人のことは決めつけたがるくせに、自分のことは決めつけて欲しくない。これが人間の真理です。でも、もし自分自身が満たされているなら、他人の欠点を探す必要は無くなるでしょう。それどころか、他人の「いいところ」を見つけようとするはずです。

自分にフォーカスすることは、逆に視野を広げることにもつながるのです。

06.
自分自身が不幸になるような
他人の非難をやめた

若い頃、何かがうまくいかないとすぐ他人のせいにしていました。そんな過去のムダな時間も、今ではワインを飲んだり、友人とおしゃべりする時間に変わりました。何か悪いことが起きても、「いずれは過ぎ行くものだ」と信じるようになりました。最終的にはすべてうまくいくものだ、と。

07.
自分に優しくしてみた

以前は「他人に優しくしよう」と思っていましたが、自分に優しくすることが、他人に優しくなれる近道だと気がつきました。自分の内面に幸福感があれば、それを周りにシェアすることは簡単なことです。

08.
毎日が
とても楽しい!

私はいま、10年前よりも大きな課題を抱えています。が、大丈夫です。なぜなら、向かい合うための強さを見つけたから。人生は困難なことが多く「もう諦めたい」と思うこともあります。でも、同時に「諦めたっていいんだ」ということがわかるでしょう。

自分を愛し大切にすることで、世界はもっと美しく、ユニークな毎日で溢れていることに気がつくはず。それは人生で一番の景色です。

Licensed material used with permission by Thought Catalog
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
旅には、人生が凝縮されています。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
これまで250人以上の起業家やCEOたちのビジネス本を監修し、ときにゴーストライターとして彼らの言葉をつむいできたJeff Haden。今回「Inc.co...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
常に彼氏がいる「安定」を「幸せ」と勘違いしていませんか?もちろん誰かに愛されることは、嬉しいこと。でも自分の好きなことを犠牲にしている関係なら、勇気を出し...
「人は自分が幸福であることを知らないから、不幸なのである」ーフョードル・ドストエフスキー(小説家)ここで紹介するのは「Collective Evoluti...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
今日から、カンタンにできることばかりです。
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...