大好きなニューヨークに住んで、わたしに起こった6つの変化

大学生の頃『Sex and the City』に夢中になり、それからというものニューヨークに憧れ続けていた。あれから10年。ほんの旅行のつもりで訪れたNYに恋に落ち、急遽アパートを借りて暮らし始めたわたしに起こった「6つの変化」がある。

前編はコチラより。

NYに住み、自然と
感じられるようになった
「6つの変化」

01. とても大きな安心感に包まれている

わたしはいつも不安だった。将来のことや、「このままで本当に大丈夫なのか」という漠然とした不安を抱えていた。それはきっと「やりたいことも見つからず、なんとなく人生が過ぎ去ってしまうのかな」という、焦りからくるものだったのだと思う。

けれど、大好きな場所で暮らし始めてからは、ほとんど不安を感じなくなった。それどころか、「なんとかなる」という根拠のない、けれど絶対的な自信が湧いてくるようになった。こんなに好きな場所に住めて、毎日が楽しく心の底から幸せなのに、なんとかならないはずないじゃないか、という自信だ。

02. 自分の未来を100%信じられる

「この先に明るい未来が待ち受けている」という予感を感じられるようになった。

もちろんトラブルや困った事態は起こるだろう。けれどそれさえも笑い飛ばしてしまえるような気がしてならない。困難さえも楽しめるような、何が起こっても大丈夫だ、という不思議な自信。

今日より明日、明日より明後日が、もっともっと素敵になっていくに違いないという予感。そんなふうに思いながら毎日を過ごしている。

03. 人に優しくなれる

自分が満たされていないと、とてもじゃないけど他人を助けようとは思えない。つい自分のことしか考えられなくなってしまう。逆に、人は満たされていると、人に優しくなれる。わたしはあまり自分を「優しい人間だ」とは思わないけれど、それでも大好きな場所で暮らし始めてからは「人の力になりたい」と思うことが多くなった。

04. 人が好きになる

以前のわたしは、どこか人間関係を避けているところがあった。誰かといるときはいつも、楽しくてもどこか「早くひとりになって落ち着きたい」と思っていたのが、「ずっと一緒にいたい」とさえ思うようになった。誰かがいてくれることが、うれしくて仕方がないのだ。

反対に、ひとりの時間も楽しめるようになった。誰かといても幸せ、ひとりでいても幸せ。それって最高じゃないか。

05. ドロドロした欲望がなくなる

大好きな場所に住むことで欲求のほとんどが満たされているため、たとえば「幸せになりたい」「有名になりたい」「成功したい」「認められたい」みたいなドロドロとした欲望がほとんどなくなった。

もちろんゼロにはならないけれど、どす黒かったものが、健全な正しい欲求に変わったように思う。

06. お金の心配がほとんどなくなった

無職で収入のない状態なのにもかかわらず、お金の心配をほとんどしなくなった。それは「今、好きなことをやっているから」なのだと思う。

好きなことをしていないときは、いつか来るであろう「本当に好きなことをやっている未来の自分」のためにお金を貯めておかなければ、という思いがあった。だからこそ、お金を使うことにためらいを感じていた。

けれど今では、「今この瞬間が楽しい」から、その楽しい瞬間のためにお金を使う罪悪感がほとんどなく、減っていく心配もあまりない。どうにかなるだろうと思っているし、今現在もどうにかなっているので、きっとこれからもどうにかなるのだろう。

自分にぴったりの場所は
必ず見つかる

心から好きだと思える場所に住むことで、わたしの人生は180度変わった。

自分が最高だと思える、心から好きになれる場所が、この世界のどこかに必ずあるはずだし、それはすべての人に言えること。「特定の場所」なのかもしれないし、「幸せな家庭」、「理想の職場」など、人によって違うかもしれない。

そこにいると魂が震えるような、大きな幸せに包まれるような、心から湧き出る幸せを感じられるような、自分にぴったりの居場所が必ずある。今はまだ見つかっていないのなら、探し続けて欲しい。探し続ければ、かならず見つかるはず。

Licensed material used with permission by Takagi Yukari
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
あこがれの街。
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
旅には、人生が凝縮されています。
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
子供の頃は夢いっぱいだったのに、自分の思い描いていたような人生を歩めていないーー。そんなふうに感じている人には、ライターのMichelle Cadieux...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...