ニューヨークに1年住んで気づいた「11のライフレッスン」

世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感じているひとり。

彼女は、この街に住んで「最初の1年で学んだこと」をブログに綴っています。飾らない言葉が、妙にリアルです。

01.
「清潔」って大切なこと

たとえアパートが狭くたって、床をちゃんとキレイにしておくだけでも、全然違うの。あと、ニューヨークの街ってけっこう汚い場所が多いから、手洗いだけは心がけるようにしているわ。

02.
交通手段が3パターン
あるところを選ぶ

たとえばニューヨークでアパートを借りるなら、少なくとも3つは別の交通手段があるような地域を選んだほうがいいわ。ニューヨークって、本当に何が起こるかわからないの。準備不足なままで、何かが起こってからじゃ大変でしょ?

03.
嫌なヤツにならない

嫌なヤツと知り合ったとして、そのイライラを抱えたまま関係のない人に八つ当たりしちゃったら、自分もその「嫌なヤツ」と同じになっちゃう。それは、自分の心の内に秘めておかなくちゃ。

04.
どこかで同じ目に
遭ってる人がいるもの

たとえばデリバリーを注文したとき、間違えて別の人の注文したものが届いちゃったとするでしょ?ガッカリして「どうして私だけ」って思うかもしれないけど、考えてみれば自分の注文した商品も別の人のところに行っちゃって、そっちの人だって同じくらいガッカリしているかもしれない。

起こったことは変わらないけど「自分だけがこういう目に遭ってるわけじゃない」って思うと、ちょっとだけ救われた気持ちになるわ。

05.
やっぱりニューヨークの
生活は
刺激的

ニューヨークに引っ越してきた理由って、一人ひとり違うの。他の人と共通点を見つけたときは確かに嬉しいけど、ニューヨークの生活が特別って思うのは、この「違い」のおかげよ。

06.
自然光を浴びるのが
とにかく気持ちいい

寒い時期にニューヨークに住んでいると、高層ビルのケージに閉じ込められてるような気分になっちゃうの。だからこそ、街の緑や自然光、水辺に触れると、全然気分が違う。

憧れのニューヨーカーになったあとは、たとえ街を去ることになっても、別の土地を思う存分に楽しめるはず。

07.
同じユーモアセンスを
持ってる人は…いない

いろいろな人が住んでいる街だから、たくさんの価値観があるし、同じユーモアセンスを持っている人なんていないわ。だから、初めて会った男の人が渾身のジョークに笑ってくれなかったとしても気にしないで。別にあなたがつまらないってことじゃないから。

ただ自分に合った友だちや場所を、もうちょっと探したほうがいいってだけ。

08.
社交辞令だけの人に
付き合うのは時間のムダ

今度一緒にランチでも…とかって約束はするんだけど、もうキャンセルは5回目、なんて男性とはすっぱり縁を切って、他の人とデートしたほうがいいわ。

もっと自分のことを気遣って、興味を持ってくれる男性と付き合うほうが絶対にいいはず。

09. 
新しい挑戦を恐れない

せっかくニューヨークに住んでいるんだったら、お金をかけずにチャレンジできることもたくさんあるし、新しいことに飛び込んでみてほしいの。気にいったら続けてもいいし、気にいらなかったらまた別のことにチャレンジすればいいわ。

10.
直感を信じたほうがいい

最終的には、自分が「一緒にいたい」と思えるような人や場所に巡り会えるものよ。自分の気持ちに正直に、直感や興味を信じて行動していけば「大好き」って思える場所に辿りつくわ。

11.
ニューヨークの全部を
知っている人なんていない

ファッション誌から抜け出して、そのままパークアヴェニューを歩いてるんじゃない?って思うくらいの女の人でも、ニューヨークのことを全部わかっているわけじゃないの。

NYは変化し続ける街で、だからこそみんなここに受け入れられて、成長していくの。

Licensed material used with permission by Tracy's NewYork Life
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
旅には、人生が凝縮されています。
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
あこがれの街。
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
「Diana, Our Mother: Her Life and Legacy」が米TVネットワーク、HBOにて公開されました。そこで「Little Th...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...