難民の人生を大きく変えた「ライフジャケット」そこに描いたものとは…

紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れた2016年でした。祖国を追われ、危険な旅路を生き抜いて到着した後も、暴力や迫害を受けるケースは私たちも報道で知るところ。

ここに紹介するのは、国を超えての人道支援を呼びかける、ある啓蒙プロジェクトの様子です。難民となった彼らの人生を大きく変えた“ライフジャケット”が、「難民」という言葉の定義を改めて考えるきっかけを与えてくれます。

難民となる前、私たちはこんな人生だった

ヨーロッパ各国から20以上のNGOの支援を受けて、スイスの団体が始めた「ProjectLifeJacket(プロジェクト・ライフジャケット)」の活動を収めたのがこの動画。

内容は、シリアの紛争を逃れ、アナトリア半島からギリシャへと海を渡ってきた人々が生活する難民キャンプへと訪れ、彼らに難民となる前の暮らしぶりをインタビューしていきます。

いま、自分たちが置かれている状況と、彼らが口にする祖国での生活、その対比構図は動画を見る私たちにだって容易に想像がつくものかもしれません。けれど、それは同時に彼ら自身にも改めて大きなショックを与えるものとなりました。なぜならこのプロジェクトのキーアイテムとなる、ライフジャケットがそれを物語っているから。

ライフジャケットに描かれる人生の物語

このプロジェクトの趣旨は、難民としてキャンプ生活を送る人々から、当時の暮らしぶりを「聞く」だけでなく、その様子を彼らの生活を一変させた象徴的なアイコンである、ライフジャケットに「描く」ことなのです。

「家もあったし、しあわせな人生を過ごしていました」、「バスケットボールが趣味でよくみんなでプレイしていた」、「大学卒業後は教師を志し教員免許を取ろうとしていたところでした」、「コメディやドラマ好きでよくテレビを見ていた」…

数奇な運命に翻弄されながらも、祖国で過ごす在りし日の自分を語り始めた9人のシリア人。私たちの日常と何も変わらない人生がそこにあります。

 

大工仕事が自分の人生であり、魂だった。それなくしての生活なんてありえないよ

たとえばこのジャケットの主人公Ahmadは、シリア北部の町アレッポに暮らしていました。手先の器用な彼は、大工以外にも多くの仕事を手がけていたと語っています。建設用地での作業から日用品の修繕まで、誰にでも分け隔てなく持てるスキルを提供する、それがAhmadの日常だったそうです。

彼らにも、私たちと同じように
仕事があり、趣味があり、夢があった

ひと口に「難民」という言葉で片付けてしまうけれど、やむなく祖国を離れてくるその以前、彼らにだって私たちと同じように、家があり、普通の暮らしがあり、それぞれの人生を生きてきた。押し寄せる人々を前に、受け入れ批判や暴力に出るのではなく、人間としての尊厳を。とプロジェクト・ライフジャケットが強く呼びかける相手は、ヨーロッパ各国の政治家であり、メディアであり、市民一人ひとり。

けれど、9人が語るそれぞれの人生が描かれていく様子を見ていると、対岸の火事とただ傍観しているだけ?そんな声が聞こえてきそうな気さえしてきます。

Remember Who They Are.

「難民」こう呼ばれる人たち1人ひとりのフルストーリーが、それぞれのライフジャケットとともにこちらのサイトで伺い知ることができます。

Licensed material used with permission by Nathalie Eggen
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「GRAnaRECジャケット」。
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている「Tent Jacket」は、約37,000円と少し割高だけど、多くの人を救うポテンシャルを持っている。
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、「Ubereats(ウーバーイーツ)」に登場。先月25日よりスタートし、来年3月31日まで実...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
今日6月20日の「世界難民の日」から、スイス生まれの高機能ランニングシューズ「On(オン)」の長編ドキュメンタリー「RUN」がプレミア公開。
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
難民の子どもの教育のために制作されたアラビア語版『セサミストリート』が、2月2日(日)より放送される。難民キャンプからきた少年など、中東の社会を反映した新...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...