「しあわせの運び屋」と讃えられる男性が、密輸してでも祖国シリアに届けたいもの

2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだけでも笑顔を取り戻してほしい、と瓦礫を乗り越えて「おもちゃ」を届ける男性を知っていますか。

封鎖された国境を越えて
届けたい「おもちゃ」がある

F3f54e588a01a721b0623d0910653dff321c0dab6c07900b1ef1ceb896136225146774aa69cedc71

シリア北部の町アレッポに生まれ、1989年よりフィンランドに暮らすRami Adhamさんが、祖国の悲惨な現状に立ち上がったのは4年前のこと。

有志とともにトルコから、支援物資を故郷アレッポまで運んできました。重さにして80キロにもなる物資を数人で分担し、国境を歩いて越える彼らが運び届けるものは、食料、医療品、そして大量のおもちゃ。

死と隣り合わせの子どもたちに
本当に必要なものとは?

504926bb6c17f094c32c376e095c78a19757e412D1d682d32cd82035dfb38e9462edfaedeb70cca8

隣国との国境が封鎖されてからも、この2年間じつに28回にわたり、彼らは国境を越え活動を続けてきました。こうして、Remiさんが密かに運んだおもちゃの総数はのべ1,000以上。それが混迷の続くシリアに暮らす子どもたちの手に直接手渡されてきたのです。

じつは彼自身も6人の子どもを養う父親。なのに貯金を切り崩し、生活費をおもちゃや旅費に代えて、活動を続けてきました。

 「まさにこの瞬間も死と隣り合わせ。そんなシリアの子どもたちにとって、おもちゃがどれほど重要な意味を持っているか想像できるかい?誰もぼくの活動を止める権利なんてないよ」。

 12日間におよぶ支援活動を終えたばかりのRamiさんが、「The Telegraph」の取材に応えました。

子どもたちが手にするおもちゃは、ぬぐいきれない不安のなかで、わずかばかりのやすらぎを与えてくれるに違いない。写真からにじみ出る無邪気な表情に、Remiさんの尊い活動の意味を教えられた気がしました。

あるじを失ったおもちゃたち

28a9187896d761cd9b1de5174666a96894ef2289

アレッポの反政府勢力が掌握する地域に対し、ロシア軍機による空爆が再開されたのは今月11日のこと。同日、Remiさんは爆心地近くの建物の中から一枚の写真をFacebookに投稿しました。そこには、この場所で少なくとも46人以上が犠牲になった事実を伝えるコメントが。

瓦礫の中にたたずむおもちゃを前に、彼の胸中を察することすら難しく思えてなりません。それでもRamiさんは背中におもちゃを抱え、ひっそりと国境を超えます。

いくら国境が封鎖されようが関係ないよ。これが唯一ぼくが故郷にかえる理由だから」、と。

それでも、
“しあわせの運び屋”は前を向く

1320839e935bc5b3d3c33dc19bd3f487c55bbffb

いつからか、「Joy Smuggler(しあわせの運び屋)」の愛称で呼ばれるようになったRamiさん。彼のように、祖国を離れたシリア国民やゆかりのある人々による草の根の支援活動は、いまもSNSを通じて世界に拡散し続けています。

ありのままを伝えれば、RamiさんのFacebookには立ち上る火炎から必死で逃れる人々の姿もあれば、粉々になった瓦礫に押しつぶされた子どもの屍体も登場します。大人に抱えられながら、だらんと手足が垂れた少年はまるでピエタ像のよう。

目を覆いたくなるような場面。でもそこにあるのが現実。こうしたことを想像することだって、私たちにできることのひとつかもしれません。

Reference:The Telegraph
Licensed material used with permission by Rami Adham
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
シリアの首都ダマスカスにある学校に通っていた、1996年の夏。欧米・アジアの外国人そのものが珍しかったこの頃は、どこへ行っても「日本人か?」のあとに、「ソ...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
トランプ大統領の入国禁止令に反対するために、制作された一つの動画。主人公となるLaylaとその家族は難民となり、“安全な暮らし”を求めて国を渡り歩きます。...