難民キャンプの若者たちが、「生の声」を雑誌に。

日本で何不自由なく暮らしている私たちにとっては、「難民」というワードがいまいちピンときにくい。でも、ギリシャの難民キャンプに住む若者たちが制作した雑誌を読んだら、彼らのことが少し身近に感じられるかもしれない。

自分たちの「声」を
届けるために

8月12日の国際青少年デーにあわせてインターネットで公開が開始された『Ritsona Kingdom Journal』は、10代後半から20代中盤の難民の若者たちが自分たちで企画し、NGO団体と協力して作り上げたもの。自らの声や経験をクリエイティブな方法で世界に届けたいと願い、思いついたのが「雑誌」という形だったようだ。

内容は日々の様子から絵や写真まで多岐に渡る。今回、記念すべき第1号と第2号が同時に公開され、WEBサイトで読むことができるようになっている。

許可を得たので、一部紹介したい。

【第1号】
趣味やアート

戦争や生死と絡んでいるような絵が数枚。きっといつも胸に隠している思いを描きだしたんだろう。

左上はヨーロッパへ逃れてきたことで家族と生き別れになってしまった少女が母親へ書いた手紙。「国を離れてしまってごめんなさい。また会えるのを楽しみにしています。いつもお母さんのことを考えているわ」と綴られている。

難民キャンプで生活していてもオシャレはしたい女の子たちは、毛糸やビーズ、プラスチックを使ってアクセサリーをつくるみたい。

【第2号】
キャンプでの日常

「シリアでの戦争を止めよう。強い国が“シリアの血”を飲んでいる」という訴えが書かれた表紙。

難民キャンプから見る空はまるで色鉛筆で描いたかのような優しいグラデーション。「祖国での問題を考えずに夕日を楽しんでいる」というメッセージがここに。

野菜を買うことができない人は、自分たちで育てているらしい。

 

ここに載せていないページは、まだまだたくさんある。気になる人はチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Lighthouse Relief
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
難民の子どもの教育のために制作されたアラビア語版『セサミストリート』が、2月2日(日)より放送される。難民キャンプからきた少年など、中東の社会を反映した新...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...