世界が注目する20歳「牧浦土雅」が、10代で大切にしてきた10のコト

執筆者・牧浦土雅

1993年、東京生まれ。アフリカ、主にルワンダで国際協力機関と農民とを繋げるプロジェクトを牽引。日本企業の東アフリカ進出へのコーディネートや、国際教育支援NGO活動などにも携わる。"真の国際協力"をテーマに活動中。2014年1月、TEDの選ぶ『世界の12人の若者』に選出。著書に『アフリカ・奇跡の国ルワンダの『今』からの新たな可能性』(DBS社)がある。

10代から20代へ。
未成年から成年へ。
子供から大人へ。

変わるのは年齢だけで、実際感覚的には何も変わらないはず。しかし、世間一般では自立することが求められてくる。
僕にとって、今年は大きな出来事があった。大学を中退した。そして、幸いにも「やっておけばよかった」よりも「やっておいてよかった」と思うことの方が今は圧倒的に多いと感じる。後悔はない。
親や学校への依存から解き放たれ、そこにはいわば「自由不自由」が存在するのかもしれない。19歳から20歳になり、改めて今の自分を創り上げることができた理由を考えてみる。

01.自分の代名詞をつくる

「○○さんと言えばこれだよね!」「○○をやっている○○です!」と、知られる、知ってもらうこと。
それを早くに持っておけばそれだけ自分を知ってもらうことができる強みへと変わる。社会へ出る機会が増え、多くの新しい出会いができるだろう。そこで相手に与えるファーストインプレッションで、決まり文句を作っておくと、自分のことを覚えてもらいやすくなる。

02. 「一人ではできない」と自覚する
th_doga02

一人では何もできない。これを理解しておくだけで、現実世界への対応度が早まる。
チームスポーツ、バンド、グループワークなど何でも良い。チーム一丸となって何かを成し遂げる。
一人は皆のために、皆は一人のために。

03.第二外国語の勉強時間

母国語以外の言語をマスターしておくことは、それだけで自分の付加価値になるだろう。若くから学んだ方がアクセントもネイティブに近くなる。一つのことに時間をかけて継続的に実行することができるのは10代の特権だ。

 04.ITリテラシー
th_doga04

もしかしたら、これは今最も役に立っているスキルの一つかもしれない。
分からないことがあったら調べる、というプロセスを一貫してインターネットで執行する。ネットをフル活用し、ニュースサイトなどに日々目を通しておくだけで、世の中の流れ、大衆の考え方、世界情勢を知ることができる。
表面的な情報と後述する教養が組み合わされば、あなたは誰とでも話すことができるだろう。

 05.教養(関係のない分野まで)

断片的な時事ニュースに教養があると、会話から議論に発展させることができる。20代で社会について考える機会が増えてくると、教養はそれ自体が大きな価値を生み出す。
読書だけではない。普段自分とは関係のない分野で経験を積んでみるのも良いだろう。あなたが理系のエンジニアならば、オペラ鑑賞、スポーツ観戦、など。どこで「点と点が繋がる」かは、分からないのだから。

 06. 好き嫌いで判断しない

若者の最大の特権は、固定概念が無いこととも言えるだろう。未熟な知識と経験、目の前のことに何でもがむしゃらに取り組むことで、全てを吸収する。
こうすることで、さらに自分の意見に深みを出していく20代で考え方というものが形成されていくだろう。

 07.可能な限りたくさんの人に会う
th_doga07

20代になると、時間が圧倒的に少なくなってくる。仕事やバイトなど、一人になる時間も多くなり、限られた時間で会う相手を意図的でなくても無意識に会う人を峻別していることも多々ある。フランクに話せる親友を持っておくだけで、一味違ったスムーズな生活・仕事を送ることができる。

08. 腹を割って話せる友達

やはり、古くからの友達は自分の幼き頃から今を分かっているので、話を分かってくれやすい。20代でそのような友人をつくることはできない、と言っているわけでは決して無い。

09. 120%の力でやり抜く

他人のあなたに対する見方や評価はどうでもいい。しかし、それは社会に出れば切に感じることでもある。上司や先輩のあなたにたいする目・・・。
周囲の視線に臆することなく、10代に何か一つでもやり通す耐を習得しておくことは、将来のひたむきな努力につながる。

10.将来のコトを考えすぎない
th_doga10

「将来何になりたいか?」などと僕は自問しない。
なぜなら、将来ではなく、明日のことが僕にとっては一番重要だと思うからだ。
将来○○になりたい、ということから逆算して今やりたいことを見つけるのもアリなのかもしれないが、今日という土台からうまくてっぺん(将来)まで持っていくのが自分を作り上げると思う。しかし、明日「よし、これになろう!」と決めて突然方向転換するのはアリだ。それが人生。
志高く、一歩を踏み出そう!

 

20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...