もう思い出したくもない、「過去のトレンド」9パターン(黒歴史)

ガングロやルーズソックス。なんでもいいので、昔流行って自分も大好きだったものを思い出してみてください。いま改めて振り返ってみると、つい頭を抱えてしまうようなことはありませんか?

Elite Daily」のライターGabrielle LaFrankさんもその1人。当時はカッコイイと思っていたけれど、いまは目を背けたいことを記事にまとめています。自虐も入っていて面白いものばかり!

01.
アライグマのように
真っ黒なアイメイク

スモーキーアイメイクは別として、目より太いアイラインを引いているのは恐い…。マスカラがダマになっていたりなんかすれば、女子高生のメイクが完成しちゃうわけ。夜になって顔に張りつく残骸は本当に見ものだったわ。「プールで遊ぶアライグマ」とでもいうべきかしら。

02.
何でもかんでも
ニーハイソックス

どうしてこれがトレンドだったかわからないけど、気づけばニーハイソックスを20本も持っていたわ。可愛いのもあれば、スポーツ系のものも。いつも使っていたけど、着ている服と合っていなくてまるでトンチンカンだった。Tシャツワンピにニーハイソックスの組み合わせってイメージすると良いんだけれど、うまく着こなせなかったの。

03.
写真を撮る時のキメポーズは
「ドリンク片手持ち」

持っているのはシャンパングラス!なんちゃって、実は飲酒できる年齢じゃなかったし中身はただのサイダーだった。大人っぽくして、偽カクテルをクールに持っている自分。「SNSのフォロワーたちがきっと羨ましがるに違いない」なんて思っていた。

04.
唇を突き出す「アヒル口」

これは黒歴史ね。何がきっかけで流行ったのかさえ興味ないほどよ。もうこれは完全に過去のトレンドだわ。

05.
手の甲にメモを書きまくる

役に立つけど、カッコよくはない。

いつでもどこでも手の裏にメモ帳があるのはかなり便利だったけど、今となってはスマホがアラームつきでその役目を果たしてくれる。ピンチの時は全然いいと思うけど、手はもっと他の事に使うべきだわ。ただのお絵かき帳にしておくのはもったいない。大好きな歌詞が書いてある子は、幼すぎてタトゥーも入れられないってことね。

06.
SNS投稿に
感傷的な歌詞をそえる

大好きな歌の歌詞より上手く気持ちを表現できるものは無いのかもしれないけれど、まぁそれもアリなのかな。SNSの投稿に歌詞を添えることは、みんなが通る道。ハッシュタグだらけよりは良いのかも。

07.
ふて顔でセルフィー

中学生から大学生までのセルフィーは、不機嫌な表情で撮ったものがほとんどだった。何の意味があってこんな事してたんだろう。どぎつい色の髪に太いアイライナーを引いて、パンクルックにハマった時期があったからかも。もうやらなくなって正解ね。

08.
「私ってワイルドでしょ!」
な一面を出す

免許を取った瞬間から「ひとりで夜遊び=クラブに行くみたいなかんじ」ってイメージを持っていたの。自由で楽しくて、スキャンダラス。みんなに自慢したくて。ワイルドな夜遊びにみせかけて実は映画を観に行ってただけなんだけどね。誰もそんなのは望んでないわ。

09.
暗い色の口紅でキメる

今となってはメイクにはバランスが必要だとわかるけど、女子高生の頃の私はそこまで考えていなかったの。ただつけたい色を使っていただけで着る服とマッチするかどうかなんて考えてもなかった。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。