5年ごと同じポーズで35年。親友5人組の友情ポートレイト

すべてのはじまりは1982年、19歳のとき。高校時代の仲間とキャンプをしようと集まって、この写真を撮ったのだ。

「また集まろう」、こんなありがちなセリフ。ざっくりすぎて誰も本気にせず忘れ去られ、実現しないことの方が多い。でも、それを彼らは知っていたのかもかもしれない。

5年後、再び彼らは、また同じ写真を撮ることを決めた。

そうして1987年(24歳)

「おい、前は麦わら帽子じゃなかったんじゃない?」
「いや〜、あの帽子もう見つからなくてさ」

1992年(29歳)

「忙しすぎて日焼けする暇なんてないよ。みっともないから服着ようぜ」

1997年(34歳)

「お揃いの色ってのもわるくないよな?」

「脱いだほうがしっくりくるな」

2002年(39歳)

「いくらビンがないからって、これはひどい(笑)」
「俺も、白い帽子見当たらなかった…」

2007年(44歳)

「お前らだけペアのTシャツか」
「奇数だからな仕方ない」

2012年(49歳)

「今年は、結構日焼け行けたかも」

2017年(54歳)

「よし、15年ぶりに脱ぐか!」

あの日からなんと35年。彼らは5年おきに、1982年と同じ日に休みを取り、同じ場所、位置、表情、同じ種類の小道具を持って、写真を撮り続けた

「これだから親友っていい!」、と言いたくなる彼らの写真は、多数のメディアに取り上げられ、思った以上の反響だったそう。

SANTA BARBARA NEWS-PRESS』の過去のインタビューでは、笑いながらこう答えている。

「もはやキャンプのためではなく、この写真を撮るために集まっている。この日に合わせられるように、仕事終わりに徹夜で車を運転もするし、飛行機が欠航になっても、必死でここにくるよ(笑)」

スクロールしてよく見てみると、体の角度まで細かく意識していることがわかる。最初の写真を撮るのは30秒だったのに、今年は特に"忠実な再現"を意識して、30分をかけ6,7回撮り直したのだとか(笑)。

これからはもっと、クオリティにこだわっていきたいのだそう。次は2022年、さらに円熟味が増すであろう彼らの写真が、なぜかこちらまで楽しみでならない。

Licensed material used with permission by John Wardlaw, (Facebook)
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
ある意味、親友って人生において1番大事な存在。特に20代で親友と呼べる関係は、一生続いていくものだったりします。そんな相手ともっとデイープな関係になるのは...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
種の壁を乗り越えて仲良くしている生き物を見ていると、ほっこり温かい気持ちになる。こちらの二匹もしかり。犬の名前はプカ。アメリカンブルドックとボクサーのミッ...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
著者はインターンシップの事業を立ち上げ、メディアでは日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている秋元祥治さん。50もあるメッセージの中から、「たしか...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?