2017年のはじめに、まずやっておきたい10のこと

2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず。そんな2016年もそろそろ幕を閉じ、新しい年を迎えようとしています。

このタイミングで「Inc.」のRhett Powerさんがお届けする記事は「2017年のはじめに、まずやっておきたい10のこと」。気持ちいいスタートを切るためのポイントとは?

01.
読みたいと思って
溜まっていた本を読む

どんな本でもいいんです。たとえば恋愛小説でも、物理の教科書でも。何を選ぶにせよ、大切なのは、最後まで読み切れる本を選ぶこと。こたつでぬくぬくと読書をしながら、想像力を膨らませるのも悪くはないですよ。

02.
疎遠になってしまった人に
連絡してみる

キャリアや恋愛、人生の目標を追うこと。そんな忙しい毎日を送っていると、何かと連絡無精になってしまうこともあります。

だからこそ、しばらく話をしていなかった友だちに連絡をしてみましょう。久しぶりに相手の声が聞ければ、きっと意外な発見もあり、ハッピーな気持ちになるはず。

03.
スケジュールを
手書きしてみる

スマホに予定を入れ込むほうが、ひょっとしたら管理自体はラクかもしれません。でも、実際に手帳に書き出してみると、1年を通してどれだけのことが達成したか、振り返りやすくなるものです。

04.
クルマをきれいにする

ゴチャゴチャしているトランクを片付けると、気分もスッキリします。どうせなら、新しい芳香剤も取り付けちゃいましょう。2017年のドライブが、もっと快適になるでしょう。

05.
「ひとり」で
おでかけしてみる

1日、2日、ひとりで時間を過ごすだけで、脳はリフレッシュするもの。なかなか「ひとり」でゆっくり過ごす時間は少ないもの。たまには自分だけのリズムで食事をしてみたり、美術館に足を運んでみたり、映画を観にいってみては?

06.
いらないデータは
ゴミ箱へ

パソコンやタブレットは、データが多いと動きが遅くなってしまうもの。いらないものは削除して、一気にデータを整理しましょう。きっと重要なものも探しやすくなるでしょう。

07.
貯金を見直してみる

自営業をやっているのなら、そのビジネスの支出を見返しましょう。会社員ならば、自分の貯金口座を確認し、今年やりたいことに費やすお金はあるか、確認してみましょう。

それらをもとに、今年は毎月いくら貯金するべきか、旅行に行く余裕はあるか、などが見えてくるでしょう。

08.
ちょっと寒くても
散歩に出かける

寒い冬はあったかい部屋の中でぬくぬくしたい気持ちはわかります。でも、そんなときこそ、好きな音楽やポッドキャストを準備して、外へ散歩に出かけましょう。歩いているうちにだんだん体があったまってきて、外も悪くないなってことに気づくはず。

09.
じっくり
1年を振り返ってみる

去年自分がしてきたことをもう一度よくよく振り返ってみると、改善点がチラホラ出てくるのでは?

2017年をより良い年にするためにも、振り返りの時間をしっかり設けておきたいところ。

10.
達成したい目標を立てる

今からちょうど1年後の2017年が年の瀬を迎えるころ、あなたはどんな自分でありたいですか?

理想の自分に近づくためには、大きなゴールを小さい目標に分割し、細かくゴール設定をしていきましょう。キャリアの面でも、プライベートの面でも、必要な努力さえ続けていけば、きっとどんな目標も達成できるでしょう。

Licensed material used with permission by Rhett Power
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。