2017年に訪れるべき「ベストビーチ」はココだ!

ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキング化されている。つまり、広告や意図的なものとは無縁のリアルな順位なのだ。

このトップ10に、あなたがこれまで訪れたビーチはあるだろうか。人生のベストビーチを思い浮かべながらチェックするのも楽しいかもしれない。さて、世界各国343ものビーチから、数百万人のトラベラーたちに選ばれたベストビーチとは…?

第10位
「ガラパゴス ビーチ」
サンタクルス (エクアドル)

第9位
「エラフォニシ ビーチ」
クレタ島 (ギリシャ)

第8位
「ラドハンガー ビーチ 」
ハブロック島 (インド)

第7位
「プラヤ ノルテ」
ムヘレス島 (メキシコ)

第6位
「ラ コンチャ海岸」
サン・セバスチャン  (スペイン)

第5位
「シエスタ キー パブリック ビーチ」
フロリダ (アメリカ)

第4位
「プラヤ パラサイソ」
カヨ・ラルゴ (キューバ)

第3位
「イーグル ビーチ」
パーム (アルバ カリブ諸島)

第2位
「グレース ベイ」
プロビデンシアレス島
(タークス・カイコス諸島)

第1位
「サンチョ湾ビーチ」
フェルナンド・デ・ノローニャ島 
(ブラジル)

日本人には馴染みのないビーチが並んだかも。実は僕も、このトップ10で訪れたビーチは1つだけ。ビーチには目がない僕だけど、世界はホント広いよなぁ。

今回、第1位に輝いた「サンチョ湾ビーチ」のあるフェルナンド・デ・ノローニャ島は、世界遺産に登録されていたり、島の一部は環境保護区にも指定されているのだとか。そんな美しいビーチを堪能したトラベラーの口コミを紹介しよう。

「サンチョ湾ビーチについては、噂を聞いたり、写真で見たりしてたの。でも、この目で見たら全然違った。ただ、ただ、『素晴らしい』の一言よ!海は、透明度が高くて、シュノーケリングをしたら、色とりどりの魚を見ることができたわ」 Vanessa D

だよねー。やっぱり、実際に足を運んでみなければねっ。さてさて、次のバカンスでは、どのビーチに逃げようか?それを迷うのが楽しみでしょうがない。案の定、顔がニヤけてしまっている…。

Licensed material used with permission by トリップアドバイザー
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...