個性で選ぶなら、ビーチクルーザータイプの「eバイク」

withコロナの入り口で、今あらたに注目されているのが自転車。なかでもe-Bike市場に世界の注目が集まっている。

「より快適で、より機能的に」をキーワードに通勤時にも遊びの場でも活躍する、電動アシスト自転車から目が離せない。

そんなe-bikeでも、より個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFIAN」だ。

©Ruff Cycles GmbH
©Ruff Cycles GmbH

フレームこそオールドスクールな印象も、ドライブユニットは「Bosch Performance Line CX」を搭載。近年、マーケットを急拡大させる「Bosch」のニューモデル。ブレーキもディスクブレーキ仕様。さらにはベルトドライブ対応で、走行性も快適性もきちんと担保してくれているのもうれしい。

とはいえ、びゅんびゅんスピードを出して乗るようなチャリじゃないし、長いホイールベースにゆったりライディングでカッコよくきめたい

日本への輸送も可能だそうだが、車体価格だけでも50万円を越える代物。実際に手に入れるとなると、金額的なハードルはたしかに高い。が、こういうe-Bikeで海岸線を走りたいわけですよ!

購入を考えられる人は、どうぞコチラから。

©Ruff Cycles GmbH
Top image: © Ruff Cycles GmbH
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
「キャノンデール」より、BOSCH製のハイパワードライブユニットを搭載したEロードバイクが登場。山岳ライドにも耐えうるタフなスペックは、1日中乗っても疲れ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。