彼氏や旦那には教えたくない「大人の乗り物」

カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1つ1つカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する喜びはクセになってしまう。

でそのカスタマイズといえば、Harley Davidsonが筆頭にあがるが、単車乗りでもコストやメンテナンスのことを考えると二の足を踏んでしまうはず。しかし、このドイツ生まれの「Ruff Cycles」なら、その何分の1かで、あなただけの1台を手に入れることができるのだ。

フレーム、ハンドル、カラー
すべて、自分好みに

その組み合わせは、無限大。どれがいいか迷ってしまったら、ベストな方法は、まずは自分自身でパーツを選んで組み立てること。それが、オンライン上で簡単にできるのはポイントが高いと言えるだろう。ものは試し。ぜひ、こちらからトライしてみよう。

E-バイクという選択肢も

B01dc2f2ccd5a498db8351e91cf85eae7375e327

Ruff Cyclesで最も注目したいのは、電動付きのE-バイク「Ruffian」。こいつのスタイルも相当クール。街をクルーズすれば、多くの人が振り返るハズだ。

E-バイクで評判のBOSCH社の強力なバッテリーを装備しているので、急な坂道や悪路でも順調な走りを約束してくれるだろう。ブラウン、ブラック、オリーブグリーンの3色展開。レトロっぽさをよく捉えた塗装がしみる。

さすがに値段は5,499ユーロ(約71万円)と、かなりの勝負が必要。

0608f20204643b1f22313054052fed081bccab02815b49377f18f10e73cc00b2f3ac7359a35b5f73

クルーザーにしても、E-バイクにしても、どちらも魅力的なラインナップ。質実剛健なドイツのモノ作りとクールなデザインを両立させたマシーンは、世界で徐々に火がついてきた模様。最後に、唯一無二な走りっぷりを動画でチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by Ruff cycles
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。え!?麻繊維と樹脂を使って製造した電動...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...