自転車にペダルが必要って誰が言った?オランダ発「ウォーキングバイク」は、街乗りの常識を変える

もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けになった。あれから2年、世界初の電動「歩行バイク」は結構イケてる奴だった!

「歩いて進む」が
自転車の新常識に!

写真を見れば一目瞭然。ウォーキングバイク「Lopifit」には、ペダルがなければサドルもない。見た目はどこかキックボードのような風貌。けれど、地面を蹴って推進力を得ている訳ではない。ご覧のように正真正銘歩いているだけ。

ベルトコンベア状の踏み台の上を走ったり、歩いたりするあのエクササイズマシンさながら、このウォーキングバイクも設置された踏み台を歩くことで動力に変える電動バイクだ。

歩く速度の4倍のスピードが出るという。だが、どうしてか速さを求めるよりも、軽やかに、それこそお散歩気分が合っているように感じてしまうのは、はやりライディングの仕草にあるのかもしれない。

ノスタルジックで「ブサカワ」
なデザインがGOOD!

ハンドルを握って歩くことが前提。そのため、Lopifitは二人乗り自転車並の全長2.3mと大きい。「街乗り」を意識した3段変速ギア付きで、最大時速は25km/hほど。ブレーキをかけることでアシスト機能が切れる仕組みだ。一回の充電でおよそ55kmの走行が可能だそう。

奇をてらわないノスタルジックなフォルムもいい。おもいっきり振り切って、このブサカワを楽しむのも悪くないのでは?

これにホワイト、ブラックを加えた全6色。通勤通学に良し、エクササイズ感覚で乗るも良し。他人と違うライディング体験を求めるサイクリストにも、大人の遊び道具としても最高。ただし、1,899ユーロ(約23万4,000円)と、価格もしっかり大人のそれだ。気になる人は、こちらから。


ハテナ(?)過ぎる
Lopifit開発秘話

最後に、この斬新なバイクの制作秘話をどうしても紹介しておきたい。

隊列の先頭で得意気にウォーキングバイクを走らせるこの人物こそ、Lopifit生みの親であり発明家のBruin Bergmeester氏。アウトドア好きなBruin氏だが、どうしても自転車に乗ることだけは好きになれずにいたという。なぜか?「屋外にいるのに椅子に座っているようでイヤ」だから。

それがある日、自宅のガレージでランニングマシンに乗りながらふと、「これを屋外で使えないか……」。だったら、ランニングマシンごと走らせればいい。このくらい突飛なアイデアがなければ、発明家は務まらないということか。

Licensed material used with permission by Lopifit, (Facebook)
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!