機能やエコ目線じゃなくて「カッコイイから欲しい」 電動バイクの登場は市場を変えるか

小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われるAppleしかり、アメリカの面白いものはガレージから産まれる。

特にこの数年はKickstarterのようなクラウドファンディングの仕組みが整ったこともあってか、起業精神に溢れたシリコンバレーを中心に数々のスタートアップ企業が誕生しているようだ。

この1910年代のボードドラッカーと1970年代のビーチクルーザーをミックスしたような乗り物を作ったVintage Electric Bikes社も、シリコンバレーに拠点を構えるスタートアップ企業のひとつだ。

一見するとヴィンテージバイクのようだが、ハーレーのVツインエンジンを模したバッテリーケースとモーターの力によって漕がなくても自走する、言わば電動の原動機付き自転車なのである。

機能を追求した結果としての
ビンテージテイスト

バイク黎明期である1910年代のモデルをベースにデザインを採用した理由は、単純にルックスの良さを追求したさけではなく、軽量かつ操安性に優れたデザインを求めた結果。自転車にも使われるパーツを随所に採用しており、バッテリー切れの際にはペダルを漕いで走行も可能だ。

シートとハンドルには老舗自転車用サドルメーカー、BROOKSのものを採用。このあたりのパーツ選びに惹かれる人も多いはず。

バイクのエンジンを模したバッテリーは2時間の充電で35マイル(約56km)走行可能。デイリーユースには十分なスペックと言える。

いくつかの日本のウェブメディアでは「電動アシスト自転車」として紹介されているが、この『Vintage Electric Bikes』はバッテリーの力だけで走行が可能なため、法的には原動機付き自転車にあたる。

道交法上も公道走行する際には車検を通してナンバーの取得と運転免許の所持が必要となるため、お間違えのないよう。

電気自動車が市場を拡大し、エコロジーな乗り物として自転車が再認識されてきた現在。電動アシスト自転車もあっという間に日常の足となった。一方で、電動バイクは国内メーカーが沢山のモデルを投入するも、まだまだ普及しているとは言いがたい状況だ。

『Vintage Electric Bikes』のようにファッショナブルで手軽に乗ることができ、電動アシスト自転車と電動バイクの中間にあるような乗り物が、日本でも簡単に購入できるようになれば、市場拡大の起爆剤となるかもしれない。

Licensed material used with permission by Vintage Electric Bikes
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。