機能やエコ目線じゃなくて「カッコイイから欲しい」 電動バイクの登場は市場を変えるか

小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われるAppleしかり、アメリカの面白いものはガレージから産まれる。

特にこの数年はKickstarterのようなクラウドファンディングの仕組みが整ったこともあってか、起業精神に溢れたシリコンバレーを中心に数々のスタートアップ企業が誕生しているようだ。

この1910年代のボードドラッカーと1970年代のビーチクルーザーをミックスしたような乗り物を作ったVintage Electric Bikes社も、シリコンバレーに拠点を構えるスタートアップ企業のひとつだ。

一見するとヴィンテージバイクのようだが、ハーレーのVツインエンジンを模したバッテリーケースとモーターの力によって漕がなくても自走する、言わば電動の原動機付き自転車なのである。

機能を追求した結果としての
ビンテージテイスト

バイク黎明期である1910年代のモデルをベースにデザインを採用した理由は、単純にルックスの良さを追求したさけではなく、軽量かつ操安性に優れたデザインを求めた結果。自転車にも使われるパーツを随所に採用しており、バッテリー切れの際にはペダルを漕いで走行も可能だ。

シートとハンドルには老舗自転車用サドルメーカー、BROOKSのものを採用。このあたりのパーツ選びに惹かれる人も多いはず。

バイクのエンジンを模したバッテリーは2時間の充電で35マイル(約56km)走行可能。デイリーユースには十分なスペックと言える。

いくつかの日本のウェブメディアでは「電動アシスト自転車」として紹介されているが、この『Vintage Electric Bikes』はバッテリーの力だけで走行が可能なため、法的には原動機付き自転車にあたる。

道交法上も公道走行する際には車検を通してナンバーの取得と運転免許の所持が必要となるため、お間違えのないよう。

電気自動車が市場を拡大し、エコロジーな乗り物として自転車が再認識されてきた現在。電動アシスト自転車もあっという間に日常の足となった。一方で、電動バイクは国内メーカーが沢山のモデルを投入するも、まだまだ普及しているとは言いがたい状況だ。

『Vintage Electric Bikes』のようにファッショナブルで手軽に乗ることができ、電動アシスト自転車と電動バイクの中間にあるような乗り物が、日本でも簡単に購入できるようになれば、市場拡大の起爆剤となるかもしれない。

Licensed material used with permission by Vintage Electric Bikes
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...