乗りやすい電動自転車は、「海外のママたち」にもブレイクの予感。

いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャリの延長ですよね。でもそのママチャリこそ、実のところ「一番乗りやすい自転車だ」、と女性の立場からすれば思うわけです。

さて、ここに紹介するのはアメリカで新たに開発されたママチャリライクな電動アシスト自転車。日本人からすれば当たり前のような感覚も、彼らにしてみたら新鮮だった。

日本人からしたら「当たり前」が
欧米では新鮮だった

いくら足の長い外国人だって、ロードバイク仕様のホリゾンタル(水平フレーム)フレームは、女性がまたぐにはちょっと高すぎ、と思うのです。もちろん、足を高く上げなくてもいいように造られたダブルフレームや、U型、L型もあるにはある。けれど、なぜかそれが電動アシスト自転車の部類には少なかった。

というのも、そもそも広大な土地だったり、車社会だったり、あるいはサイクルトレーラーに子どもを乗せて牽引したり、日本とはだいぶ勝手が違うこともあるでしょう。

そうだとしても、です。やっぱりフレーム自体が低ければ、パンツスタイルでなくたって乗りやすい。海外の女性たちにとっても、このニーズは決して少なくなかったようですよ。

電動だって、乗りやすさ重視
スカートを履いてどこまでも!

ということで、最近アメリカの電動アシスト市場に参入した「Faraday Cortland」がこちら。前かごや荷台は後付けですが、そのフォルムはまさしくママチャリ。見てのとおり、ワンピースの女性にもやさしい形状です。

スカートを履いていても安心して乗ることのできる構造「ステップスルーフレーム」にしたことで、シティサイクルに快適な乗り心地実現した、と開発者。私たち日本人にしてみればなにも目新しいものではないけれど、かの国では電動かつ低フレームという組み合わせが珍しかったようですよ。

ついでに言うと、ミニベロや折りたたみを除いた電動アシスト部類で最軽量となる18kg(これならたとえバッテリーが切れても無理なくこげる!)。ちなみに日本では軽いものでも約23kg〜。

電動らしからぬコンパクトなバッテリーもいい感じ。サドル下に内蔵さてれいて容量は290Wh、アシスト状態によるものの最長で約40kmの走行が可能だとか。また、サドルに直接後づけできる補助バッテリーを取り付ければ、ロングライドだってOK。私たちのイメージするママチャリのチョイ乗り感覚ともまた違う、サイクルライフが楽しめそうですね。

開発秘話をユーモラスに描いたPR動画には、「アメリカ版ママチャリ」に対するスタッフたちの愛があふれていますよ。

Licensed material used with permission by Faraday Bicycles Inc
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!