パワフルでレトロな「電動自転車」はいかが?

ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。

その名も「Super 73’」!

70年代を意識した
レトロなデザイン

B8be5d7ceeb60fae46183fc51844fa90e77695af

その名の通り、70年代のバイクのよう。電動自転車と言えばハイテク寄りなものが多いだけに、とても新鮮です。以下の動画で、実際のスピード感を見ると、かな〜り気持ち良さげ。

高出力モーターに
大容量バッテリー搭載!

Cf979cd188c4e83b91be5967a1a6c86c8c6849b4

外見は懐かしくても、中身は最新機能が満載。1,000ワットの高出力モーターを採用、時速40km〜50kmで安定して走行可能。このパワフルさは250ccのバイクと同等なので、日本の公道で走るのはかなりハードルが高そうです。

5bc8dcd974a5dfe55da74bb91e718de2669907ce

駆動を支える大容量のリチウムイオンバッテリーは、4時間でフルチャージできて、距離にすると30kmまで足を伸ばせます。盗難防止のロック付き。

026dd299e7709b95bb288d9eded75e490a8d466f

スピードやバッテリーの残量は、液晶ディスプレイで一目瞭然。左手のボタンで加速や減速も簡単にコントロールできます。

どんな場所でも
楽々走れる走破力!

C98c3e87724b349305dbb6e9791492f57cf19527

幅10cmの太いタイヤで、写真のようなオフロードも楽々走行。海岸だって爆走できます。

3a3268232be86c3c7da1d05af5ac3e5b7c1c2ad5

しかもブレーキは、安心のディスクタイプ。高速走行からもしっかり止まることができ、抜かりなし。

これぞ遊び心!
カップホルダーがいい

873cdf7ba962dac4eb38752acb7faa6f8b05c766

ちょっと一息つきたいときのためのカップホルダーが標準装備。さらになんと栓抜きまで。遊び心が光りますね。ノドが乾いたら冷たいコーラを買ってグイッと一気飲み!

「Super 73’」は、現在Kickstarterで支援を募集中。日本へはシッピング込みで2,400ドルほど(約25万円)で、デリバリーは2016年10月を予定。好きなカラーを選べる限定コースもあるようです。最高に遊べる1台になってくれそうじゃありませんか?

Licensed material used with permission by Lithium Cycles
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。丸いライトも...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。