ミニベロの軽さと、電動のパワーを持った「折りたたみ自転車」

軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BIKE+」は、シティライドに最適かもしれません。

オーストラリア生まれですが、日本のとくに都市部にこそぴったりなんじゃないか、と思ってしまうほどです。

組み立ては、ほぼワンタッチ

クロモリで11.9Kg、チタンで10.9Kg、カーボンなら9.9Kgと、電動アシスト機能がない普通の「ミニベロ」級の軽さに驚きです。さすがに長距離を持ち運べるほどではありませんが、たたんだ状態でスーツケースのようにタイヤを転がして運ぶことができるんです。

さらに小さくたためば、大き目のスーツケースならすっぽり入るサイズにまでなります。

たたんだ状態で自立するので、マンションでの室内置きや、会社のデスクの下などにも収納可能。カフェでひと休みするときも、店内に持ち込めば盗難の心配もなし。

しかも
バッテリーはセルフチャージ

さらにF1にも導入されている、下り坂や、ぺダリング、ブレーキをかけることでリチウムイオン電池がチャージされる仕組みも使われています。どんなメリットがあるかというと、基本的に充電切れとは無縁で、いちいちバッテリーを取り外して充電する必要もありません。

フルアシストの「ターボモード」だと最大時速25kmで、最長距離は35kmほど走れるとか。またアシストをオフにした状態でもペダルが重くならず、普通の「ミニベロ」として乗ることもできます。

アプリを使えば
「遠隔ロック」や「ルート追跡」もできる

専用アプリでは、アシスト状態をパーセンテージレベルで調整できるだけでなく、速度、モーターパワー、道路勾配などをリアルタイムで表示してくれます。さらに、GPSでのルート追跡や遠隔ロックなど、防犯機能もあり。

Kickstarter」のクラウドファンディングはすでに締め切られていて、目標額80,000ユーロ(約950万円)をはるかに上回る、471,174ユーロ(5,500万円)の資金調達に成功。

通常の希望小売価格は2,600ユーロ(約30万円〜)と高級なミニベロと同じくらいなので、わりと手が届きやすいかもしれません。

Licensed material used with permission by VELLO bike
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...