ミニベロの軽さと、電動のパワーを持った「折りたたみ自転車」

軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BIKE+」は、シティライドに最適かもしれません。

オーストラリア生まれですが、日本のとくに都市部にこそぴったりなんじゃないか、と思ってしまうほどです。

「折りたたみ自転車」

組み立ては、ほぼワンタッチ

「折りたたみ自転車」「折りたたみ自転車」

クロモリで11.9Kg、チタンで10.9Kg、カーボンなら9.9Kgと、電動アシスト機能がない普通の「ミニベロ」級の軽さに驚きです。さすがに長距離を持ち運べるほどではありませんが、たたんだ状態でスーツケースのようにタイヤを転がして運ぶことができるんです。

さらに小さくたためば、大き目のスーツケースならすっぽり入るサイズにまでなります。

「折りたたみ自転車」

たたんだ状態で自立するので、マンションでの室内置きや、会社のデスクの下などにも収納可能。カフェでひと休みするときも、店内に持ち込めば盗難の心配もなし。

しかも
バッテリーはセルフチャージ

「折りたたみ自転車」

さらにF1にも導入されている、下り坂や、ぺダリング、ブレーキをかけることでリチウムイオン電池がチャージされる仕組みも使われています。どんなメリットがあるかというと、基本的に充電切れとは無縁で、いちいちバッテリーを取り外して充電する必要もありません。

フルアシストの「ターボモード」だと最大時速25kmで、最長距離は35kmほど走れるとか。またアシストをオフにした状態でもペダルが重くならず、普通の「ミニベロ」として乗ることもできます。

アプリを使えば
「遠隔ロック」や「ルート追跡」もできる

「折りたたみ自転車」

専用アプリでは、アシスト状態をパーセンテージレベルで調整できるだけでなく、速度、モーターパワー、道路勾配などをリアルタイムで表示してくれます。さらに、GPSでのルート追跡や遠隔ロックなど、防犯機能もあり。

Kickstarter」のクラウドファンディングはすでに締め切られていて、目標額80,000ユーロ(約950万円)をはるかに上回る、471,174ユーロ(5,500万円)の資金調達に成功。

通常の希望小売価格は2,600ユーロ(約30万円〜)と高級なミニベロと同じくらいなので、わりと手が届きやすいかもしれません。

Licensed material used with permission by VELLO bike
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...