「電動キックボード」も間近!?シェアサイクル「LUUP」に注目

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始した。

まずは電動アシスト自転車での参入となった「LUUP」だが、将来的には電動キックボートをはじめとする、さまざまな電動マイクロモビリティへの置き換えを目指している。

それにしても、自転車にまたがったライダーの背格好と比較すると……とんでもなくコンパクト!キックボードとほぼ同サイズなんだそう。

©株式会社Luup

渋谷、代官山、中目黒を中心にポート数は65店舗(6月1日現在)。初乗り10分100円(10分以降1分あたり15円)、対応機種はiOSと限定されるが、今後さらにサービス拡充の予定だ。

ポストコロナ時代に好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティに乗る。日常生活や観光の場面においての短距離移動が、もっと自由になっていくに違いない。

©株式会社Luup

『LUUP』
【サービスサイト】https://luup.sc/service/

Top image: © 株式会社Luup
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「電動キックボード」のシェアリングサービスを展開する「Wind Mobility」の日本法人は、8月23日から千葉市美浜区に新たに3つのステーションを設置...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
コペンハーゲン市の警察は、電動キックスケーターの飲酒運転禁止を発表。違反者には最大で600ドルの罰金を科すとし、3回以上の常習犯には禁固刑も視野に入れた罰...
キックボードにラグジュアリーさと快適性を追求して開発された、大人のための電動キックスクーター「Dragonfly Hyperscooter」。
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...