「快適性と高級感」を追求した電動キックボード

通勤や通学時のラストワンマイルに便利なキックボード。だけど、見た目から手を出さずにいる人もいるだろう。そこをラグジュアリーかつ快適さを追求することで、究極のアップデートを仕掛けたのが「Dragonfly Hyperscooter」だ。

2019年末にロンドンのスタートアップ「D-FLY」よりリリースされたこいつは、エクストリームスポーツ系のマシンかと思いきや、キックボードからインスパイアされた電動キックスクーター。その威力がとにかくスゴい!

「DRAGONFLY」正面
©D-Fly
「DRAGONFLY」走行時
©D-FLY
©D-Fly

カーボンファイバー&航空機グレードのアルミ素材でフレームを構成し、セダン車の高級感を演出。街乗りでの仕様を想定し、大型のLEDライトと方向指示器、テールランプも標準装備だ。ジャケット姿で乗っても……なかなかサマになってるんじゃない?

圧巻はスピードだ。

1800Wのモーターをパワーユニットに搭載し、最高時速はなんと61キロだというから、原付バイクと同等レベル。もはやキックボードの域を完全に越えてしまっている。

「DRAGONFLY」折りたたみ時
©D-Fly

コンパクトに折りたたんで場所をとらないつくりはGOOD。ただ、カーボンファイバー使用といえど車体重量約14.5キロは、デイリーユースには正直まだちょっと重いか。ちなみに価格は、3輪モデルが約54万円(4輪は64万円)。

こうした次世代型ワンマイルモビリティが次々に登場してくる海外市場。日本の公道を走行するには保安基準を満たしてはいないものの、未来の移動手段を想像するだけでワクワクする人だって少なくないはず!

Top image: © D-Fly
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
「電動キックボード」のシェアリングサービスを展開する「Wind Mobility」の日本法人は、8月23日から千葉市美浜区に新たに3つのステーションを設置...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。