5日で売り上げ5000万円突破!公道走行OKの「立ち乗り電動スクーター」

和歌山県のモビリティベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」が大きな反響を呼んでいる。応援購入サービス「Makuake」でプロジェクトを開始するや、5日足らずで5000万円を売り上げた。

公道走行OK、ついに次世代モビリティが手の届くところに!

©Makuake
©Makuake

第⼀種原動機付⾃転⾞にあたる「X-SCOOTER LOM」は、ステップにまたがり立ち乗り運転するスクーター。ラストワンマイルの新たなモビリティとして注目の電動キックボードの安定性をさらに強化し、街乗り感を損なわないデザインが秀逸だ。

公道走行を想定し、前後でサイズの異なる大径タイヤを履いたことで、道路のくぼみや段差もスイスイ乗り越えていく。ヘッドライト前後左右のウインカー反射板ブレーキランプ、どれも後付けされたような違和感がまるでないのもいい感じ。

ついでに専用アプリでユーザーの体重や乗り方、用途を学習することでバッテリー残量や航続可能距離を学習するバッテリーマネジメントシステムを採用。

デザインからフレーム設計、電気系統に⾄るまですべて「glafit」で⾃社開発し、日本の保安基準を満たした仕様&設計のため、必要な保安部品を後付けする手間も不要。海外の電動キックボードじゃこうはいかない。

©Makuake
©Makuake

電動キックボードには珍しい折りたたみハンドルでコンパクトに持ち運べる。バッテリーを外せば14kg。うん、いけなくない。今後はさまざまな用途に適したトレーラーも受注生産オプションとして予定しているそう。ラストワンマイルといわず、車に乗っけてレジャーにも悪くない。

販売予定価格は14万9600円も、今なら早割(20%OFF)が間に合う。特別給付金の使い道はマジでこれなんじゃない?

『X-SCOOTER LOM』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/glafit-lom/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が、4月23日、電動キックボードのシェアリングサービスを開始した。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
キックボードにラグジュアリーさと快適性を追求して開発された、大人のための電動キックスクーター「Dragonfly Hyperscooter」。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
「メルセデス・ベンツ」の電動自動車に特化したサブブランド「EQ」から、電動キックボードの「eスクーター」が発表された。スイスの「マイクロ・モビリティー・シ...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
2人乗りが可能な電動バイク「Maverick S1」が、応援購入サービス「Makuake」で今月30日(日)まで販売中。
「電動キックボード」のシェアリングサービスを展開する「Wind Mobility」の日本法人は、8月23日から千葉市美浜区に新たに3つのステーションを設置...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
コペンハーゲン市の警察は、電動キックスケーターの飲酒運転禁止を発表。違反者には最大で600ドルの罰金を科すとし、3回以上の常習犯には禁固刑も視野に入れた罰...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
あらゆるデッキに装着可能な電動スケートボードユニット。ハイスペックモデルの最高時速は時速42km/h!
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
9月24日、「テスラ」のCEOイーロン・マスクが、同メーカーの技術を発表するイベント「Battery Day」にて、3年以内に2万5000ドル(約260万...
あのセグウェイのブランドから、大人が本気で興奮できてしまう電動ゴーカート「Ninebot Gokart PRO」が登場。
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...