電動キックボードでもバイクでもない「新時代のモーターサイクル」

近年、新たな交通手段として電動キックボードが注目を集めている。

しかし、多くのタイプは、法的な縛りはもちろん、バランスが悪いことによる転倒のリスクが高いことなどから広く流通していない状況。

そんな既存のモデルのデメリットを解消した電動キックボード型モーターサイクル「ilark」「Makuake」に登場。

このプロダクトは、フロントタイヤを二輪にすることバツグンの安定感スムーズな操作性を実現。走行中にそのまま降りても転倒せずに自立してくれる。

折りたたみが可能でモバイル性にも優れているため、車の荷台に載せてレジャーのお供にするもよし、新たな通勤手段として採用し、長時間の徒歩通勤をアップデートするもよしと、現代のライフスタイルにマッチするあると便利な一台なのだ。

「ilark」の本体デザイン
©Makuake
「ilark」の走行シーン
©Makuake

ほかにも、盗難を防止してくれるセキュリティロックや、静寂性の高いハイスペックなモーター安全なブレーキの採用など、優れた機能を多数搭載。

商品ラインナップは、車道走行仕様の「400Wモデル」と、車道走行仕様ではない「180Wモデル」の2種類。

なお「400Wモデル」は、道路運送車両法の保安基準に適合装備している。

これまでの電動キックボードともオートバイとも違うニュージャンル。「こういうのもアリかも」と思ったらこちらをチェック。

※公道で使用する場合は道路交通法並びに道路運送車両法の定めを遵守してください。

「ilark」の折り畳み時の様子
©Makuake
「ilark」のビジュアルイメージ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事