本日よりスタート。静岡・浜松で始まる「電動キックボード」のトライアル実験

電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「Luup」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。本日(7月1日)から、静岡県浜松市の農業公園「はままつ フルーツパーク時之栖」で実証実験を始める。

この取り組みは、将来のサービス提供を視野に安全性や利便性を検証するもの。身長120cm以上や14歳以上などの条件をクリアしていれば、パーク内の一部エリアで乗車を体験できる。実施期間の終了日は決まっていない。

短距離移動の新しい手段として、アメリカやヨーロッパで流行している電動キックボード。現状、日本の法律では「原動機付自転車」という扱いで、日常の移動手段として手軽に活用するには規制が壁に。とはいえ、その実用性の高さから埼玉や千葉などでも実用化に向けたトライアルの動きが広がっている。

Top image: © iStock.com/Vladyslav Molochnykov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。