海や湖だけじゃない。浜松の山を味わうジビエ専門店「34DINER」はクセになる

「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。

わざわざ足を運びたくなるような、飲食街のメインエリアから国道を1本挟んだところにある「34DINER」は、浜松のジビエ料理をおいしく、そして身近に感じさせてくれるレストランバーです。

天然の鹿や猪を使った
アレンジ料理にビールが進む

4736943891939328
©2018 TABI LABO

人気の「前菜の盛り合わせ」をいただきます。「鹿肉の田舎風パテ」は、くるみの歯ごたえとイチヂクの風味が効いていて食べやすく、「猪肉のリエット」はネズの実の香りがアクセントになって、パンとの相性も抜群。なにより、どちらも思った以上にクセがなくて食べやすい!

「ウズラの卵の自家製カレー味ピクルス」も絶品。強いてあげるなら、猪のレバーに少しクセを感じたけど、牛や豚のレバーを食べられる人であればまったく問題ないレベル。

「ジビエ特有のクセも含めて味わってもらいたいんです」

と山﨑さんは言いますが、そもそもどの料理も食べやすい。

静岡駅前の醸造場「AOI BREWING」のクラフトビールをはじめ、ベルギー産やハワイ産のクラフトビールがこれまた料理に合うから、ついついお酒も進みます。

浜松の食材に惹かれ
東京からUターン

5344017520787456
©2018 TABI LABO

「東京にはいろいろな素材が集まるけれど、本当に良いものは探さなきゃいけない。だけど、浜松は山も海も近くて、“地のもの” がたくさんある。レストランをやるには本当にいい場所なんですよ」

浜松で生まれ育った山崎さんは東京のさまざまな飲食店で経験を積み、5年前に浜松にUターン。奥さんと2人で「34DINER」をオープンさせたそうです。

ちなみに「34」の読み方は「サン・シー」……つまり「太陽と海」で、「大地が産んだ自然の恵みを味わってもらいたい」という想いが込められているのだとか。

5583518184767488
©2018 TABI LABO

「オープン当初は牛肉なども扱っていましたが、ジビエに人気が集まったので次第にメニューが増えていって……今ではジビエ専門店になった、という感じですね(笑)」

今後はジビエ料理を軸にしつつも、

「海や畑の幸を積極的に取り入れて、ジビエに抵抗を感じている人にも気軽に来てもらって、その美味しさを知ってもらいたい」

と山崎さん。2017年の秋と2018年の春には浜松市・佐鳴台地区で開催された「天竜ジビエフェス」にも参加し、その普及に努めているそう。

「11月か12月にもやろう、と仲間うちで話し合っているところなんですよ」

「獣害」と
「命をいただく」ということ

4732350827069440
©2018 TABI LABO

狩猟によって命を落とした野生獣をただ埋設処分するのではなく、食肉として有効利用しようというのが、春野町にあるNPO法人「はるの山の楽校」が運営する解体加工施設「ジビエ工房ジミート」。

「34DINER」のジビエ肉はすべて、ここから仕入れているそうです。

ジミートでは講習会やワークショップなどを開催することもあり、山崎さんも積極的に参加。「命をいただくことの意味を、もっと身近に感じてもらいたい」と考えているそうです。“獣害”としてただ殺してしまうのではなく、責任を持って「いただきます!」と言う。これこそが本当の意味での地産地消。

「34DINER」が提供するおしゃれな料理からは、“命” に対する敬意も感じることができました。

ごちそうさまでした。

4899051258511360
©2018 TABI LABO
添えてあるピクルスやラタトゥイユ、チョリソ入りポテトサラダもうまい
6406529213267968
©2018 TABI LABO
ひとりならカウンターでまったりできるし、出張の人でも楽しめます
4543393606664192
©2018 TABI LABO
元はスポーツバーだったそうで、マラドーナとゲバラが目印
6024951165353984
©2018 TABI LABO

「34DINER」

住所:静岡県浜松市中区大工町311-18 第一ビル1F
TEL:053-452-5880
営業時間:18:00~翌2:00(LO 翌1:30)
定休日:日曜日
公式HP:https://34diner.owst.jp/

Top photo: © TABI LABO
取材協力:浜松市
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...