静岡・浜名湖の「奥のほう」は、重要文化財のお寺だらけだった

浜名湖湖北五山(こほくござん)。

これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有しています。そんな総称がつくほど、浜名湖の “奥のほう” は重要文化財のお寺だらけなんです。

「遠州の奥座敷」なんて言われることもあり、東海道のほぼ真ん中にあたるので、歴史的にも東西文化の橋渡しとなっていた場所です。

©2018 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

湖北五山は、2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公・井伊直虎のゆかりの地であり、同ドラマのロケ地として使われたことでも人気です。

東名高速と新東名高速をつなぐ三ケ日ジャンクション周辺なので、車でのアクセスがいいのも嬉しいポイントですね。

01.
行くなら秋の特別展
「初山 宝林寺」

© 2018 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

初山 宝林寺(しょさん ほうりんじ)」は、江戸時代初期の1664年に建てられた黄檗宗(おうばくしゅう)のお寺。黄檗宗は日本の禅宗のひとつですが、中国を代表する僧・禅師が日本で創始し、このお寺を開いたそうです。

国指定文化財の「仏殿」は、創建時に建てられたもの。1985年から6年かけて解体修理し、当初の姿に復元されました。「山門」(県指定文化財)や商売繁盛の石「金鳴石」と並んで、このお寺の見どころ。

毎年11月に開催される、所蔵文化財を特別公開する「秋の特別展」も人気ですよ。

「初山 宝林寺」

住所:静岡県浜松市北区細江町中川65-2
TEL:053-542-1473
料金:大人400円、中高生200円、小学生以下無料
時間:10:00〜16:00
休日:無休(臨時休あり)
アクセス:JR浜松駅バスターミナル15番乗り場から、遠州鉄道バス(奥山行き)で「石岡」まで約55分、徒歩15分
公式HP:http://www.oubaku.org/shosan/

02.
井伊直虎もゆかりがある菩提寺
「龍潭寺」

©2018 龍潭寺

龍潭寺(りょうたんじ)」は、井伊家初代である共保公が治めた、浜松市井伊谷(いいのや)という地域にあります。奈良時代の733年に行基菩薩によって開かれた、遠州の歴史あるお寺です。

江戸時代初期に「本堂北庭」として築かれた「庭園」(国指定文化財)は、当時活躍していた造園師・小堀遠州が手がけたことで有名です。

ここは井伊家40代を祀っていて、女城主として大河ドラマでも話題になった井伊直虎にもゆかりある寺です。

「龍潭寺」

住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
TEL:053-542-0480
料金:大人500円、小中学生200円
時間:9:00〜16:30
休日:8月15日、12月22日〜27日(臨時休あり)
アクセス:JR浜松駅バスターミナル15番乗り場から、遠州鉄道バス(奥山行き)で「神宮寺」まで約1時間、徒歩10分
公式HP:http://www.ryotanji.com/

03.
東海地方屈指の本堂
「方広寺」

© 2018 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

方広寺(ほうこうじ)」は、禅宗臨済宗方広寺派の大本山。

南北朝時代の1371年に開かれた東海屈指の有名なお寺で、明治14年(1881年)に山火事に遭いましたが、開山円明大師の御墓所、七尊菩薩堂、開山様本像、そして半僧坊真殿は焼け残りました。

国指定文化財で、鎌倉時代の建築様式が保存されているお堂「七尊菩薩堂」は、静岡県最古の木造建造物です。徳川光圀によって修復されたと言われている、釈迦三尊像「木造釈迦如来及び両脇侍像」(国指定文化財)も、境内に安置されています。

そのことから、方広寺の守り神である「半僧坊信仰」も全国に広がっているそうです。

「方広寺」

住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
TEL:053-543-0003
料金:大人400円、小学生以下200円
時間:9:00〜15:30(16:00閉門)
休日:無休(臨時休あり)
アクセス:JR浜松駅バスターミナル15番乗り場から、遠州鉄道バス(奥山行き)で「奥山」まで約1時間20分
公式HP:http://www.houkouji.or.jp/

04.
古くからの厄除け寺
「摩訶耶寺」

© 2018 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

摩訶耶寺(まかやじ)」は、国指定文化財の「木造不動明王立像」や「木造千手観音立像」、さらに「阿弥陀如来像」などもある奈良時代に開かれたお寺です。平安時代や藤原時代までの歴史ある仏たちに出会うことができます。

本尊には秘仏厄除正観世音菩薩が安置されていて、古くから “厄除け” のお寺として人気。

鎌倉時代初期における、日本を代表する「庭園」は、県指定文化財にもなっています。

「摩訶耶寺」

住所:静岡県浜松市北区三ヶ日町摩訶耶421
TEL :053-525-0027
料金:大人400円、高校生300円、中学生200円、小学生以下無料
時間:9:00〜16:30
休日:8月10日(臨時休あり)
アクセス:JR浜松駅バスターミナル15番乗り場から、遠州鉄道バス(三ケ日行き)で「三ケ日」まで約1時間、徒歩30分。東名ハイウェイバス「三ケ日」から徒歩10分。東名高速道路「三ケ日IC」より車で約15分。
公式HP:http://makayaji.web.fc2.com/

05.
浜納豆の発祥
「大福寺」

©2018 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

大福寺(だいふくじ)」で製法が伝わる大福寺納豆は、今川義元や豊臣秀吉、徳川家康など歴代将軍に献上したと言われている「浜納豆」の元祖なのだそう。

また、県指定文化財の「庭園」は、元禄時代の茶祖・山田宗偏が愛した名園でもあります。

10月〜3月に咲く「半歳桜」は、寒い冬にいろどりを添えてくれる、と人気ですよ。

「大福寺」

住所:静岡県浜松市北区三ヶ日町福長220-3
TEL:053-525-0278
料金:大人500円、中高生300円(宝物館、庭園)
時間:9:00〜16:00
休日:無休(臨時休あり)
アクセス:JR浜松駅バスターミナル15番乗り場から、遠州鉄道バス(三ケ日行き)で「三ケ日車庫」まで約1時間30分、徒歩30分。東名高速道路「三ケ日IC」より車で約15分。

Top image: © 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー
取材協力:浜松市
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...