SLやトーマスだけじゃなかった、静岡「大井川鐵道」の魅力

「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。

新金谷駅と千頭駅の間を走るSLやきかんしゃトーマス号・ジェームス号が有名ですね。

だけど、当然かもしれませんが、大鐵の魅力はそれだけではなかったのです。

大事にしているのは
フレンドリーな鉄道会社

©2018 大井川鐵道

「お客さんから『大鐵の社員の人たちってフレンドリーだよね』って言ってもらえることが増えていると思います」

取材を担当していただいた管理部の徳丸茜さんも終始ニコニコだったんですけど、そんな社風を活かしてか、大鐵は2015年9月に「総合交通サービス業への転換」を宣言しました。ただの鉄道ビジネスだけではなく、鉄道を通じたサービスに力を入れていく、と。

出発時に駅員が手を振ってくれたり、グッズの開発や販売に力を入れたりと、SLやトーマスをただ楽しむだけじゃありません。行けばほっこりした気分になるサービスや、思わず二度見してしまうようなネタ系お土産など、忘れられない思い出をたくさん持って帰ることができます。

大鐵は
観光収入が97%!?

©2018 TABI LABO
© 2018 Gullane [Thomas] Limited.

シーズンごとの様々なイベントやキャンペーンが楽しいのも、大鐵人気の秘密。

たとえばSLとアプト式列車(日本で唯一)の両方を楽しめる「探検!? ミステリートンネルハイク」や、お座敷・展望客車に乗って生ビールやサワーが飲み放題になる「納涼 生ビール列車」など、季節によって仕掛けがあります。

過去には、川根本町くのわき縁結び婚活部という団体が主宰した、25歳~50代の未婚者が参加できる「くのわき縁結び婚活ツアー」というイベントに協力したことも。

©2018 TABI LABO

また、他にも外せないのがお土産です。

『私の人生はワンマン運転を行っております』。そんな自虐コピーが切なくも微笑ましい缶バッジが少し前に話題になりましたね。

他にも、ティッシュケースブランド「tente」ときかんしゃトーマス、そして大鐵によるトリプルコラボティッシュケースは、子どもを連れたママさんたちに大人気だとか。

新金谷駅前にある「プラザロコ」でしか買えないお土産などもあり、SLから見る風景同様、これらのお土産も旅でしか味わえないものなんです。

©2018 大井川鐵道
©2018 TABI LABO

キャンペーンやお土産開発は、それぞれ企画部と商事部が担当しているそうです。

企画部は5人、商事部は8人。みなさん公私ともに鉄道大好き人間なのかと思いきや、熱心な鉄道マニアは各部署とも半分もいないくらいとのこと。しかしだからこそ、鉄道ファンのマニアックな目線と、観光目的のお客さんとの絶妙なポイントを探り当てることができるのかもしれませんね。ちなみに2018年7月には、大鐵の新しい鉄道むすめ「家山かなか」も発表されました。

「観光収入が97%で、定期運行収入は3%くらいなんですよ」

という徳丸さんの話に最初は驚きましたが、話を聞き進めていくうちに、なるほどと納得してしまったくらいです(笑)。

途中下車こそ
大井川本線の醍醐味

©2018 大井川鐵道

大井川鐵道本社がある島田市に行くと、飲食店や駅前のレンタカーショップなど、様々な場所にSLやトーマスの写真が飾られています。「島田市緑茶化計画」というプロジェクトもあるほど緑豊かな自然や踏切のある風景を走る姿は、それほど多くの人を魅了しているのでしょうね。

こうした大井川本線沿線全体の空気感も、大鐵が多くのファンを惹きつける理由なのかもしれません。

また、沿線にも楽しいスポットがたくさんあるので、ぜひ途中下車しながらの旅を。たとえば「川根温泉笹間度駅」にはカフェが併設していたり、日本で唯一SLが見える露天風呂があることでも人気です。

他にも「神尾駅」のホーム横には信楽焼のたぬきが並ぶ「たぬき村」があったりと、つい立ち寄って写真を撮りたくなるような駅が多いんです。

©2018 大井川鐵道
川根温泉笹間渡には、駅舎カフェ「ひぐらし」がある

懐かしい景色を楽しむ
「時間旅行」

©2018 大井川鐵道

SLもいいけれど、普通電車にも違った魅力がある。

「大鐵の普通電車は、全国の私鉄を引退した車両を使っています。先日も関西から来られたお客さまが南海電鉄の21000系の電車を見て懐かしんでいましたね」

と、徳丸さん。

かくいう僕も大阪出身で、近鉄の車両(16000系)を新金谷駅で見たときは嬉しくなっちゃいました。そう、大鐵は普通電車でも「時間旅行」が楽しめる贅沢な鉄道。

きっと温かい気持ちで鉄道旅を楽しめますよ。

©2018 TABI LABO
大井川本線「新金谷駅」の2階が大鐵の本社になっている

「大井川鐵道」

住所:静岡県島田市金谷東2-1112-2(本社)
TEL:0547-45-4112(SLの予約・運行)、0547-45-2230(お土産)
営業時間:9:00~17:00(各問合せ窓口)
公式HP:http://oigawa-railway.co.jp/

Top image: © 大井川鐵道
取材協力:島田市
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...