チャーハン×お茶。静岡・島田の町中華で見つけた「お茶ーはん」はホッとする味だった

お茶どころであり「島田市緑茶化計画」なるプロモーションにも力を入れている静岡県島田市には、その名の通りお茶にまつわるさまざまなグルメがありますが、ネーミング的にも気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。

食べられる粉末茶を使った炊き込みご飯「お茶飯(おちゃはん)」というものは以前からありましたが、今回見つけたのはチャーハンで、しかも、あんかけ。

どうして、あんかけなのか。やっぱりお茶の緑をきれいに出そうと思ったら、スープに溶かすのがいいみたいなんです。

「あんかけ お茶ーはん」
いただきます!

©2018 TABI LABO
あんかけ お茶ーはん(750円)

チャーハンの上にたっぷりと掛かった緑のあんかけ……見た目はインパクトあり!

ところが実際に口に運んでみると、お茶漬けのような風味が広がりつつ、チャーハンの旨味もしっかりと感じられます。街の中華屋さんによくあるギトギト感はあまりなく、お茶あんかけのあっさりとした口当たりが印象的。

見た目とのギャップが楽しいチャーハンでした。

お茶の苦味とのバランスが
ちょうどいい

©2018 TABI LABO
島田は優しい人が多いよ、と店主の弓岡正吾さん

お茶ーはんの開発をスタートしたのは、2017年12月。

「はじめは抹茶の粉末を入れて炒めたんですけど、そうすると茶色くなってね。次にあんかけに入れてみたら綺麗な緑色になったんで、これはイケると。苦味があるので、あんかけを甘くして、あとはたまごも入れて味を整えています」

と、店主の弓岡正吾さん。

曰く「とくに苦労はなくてね。お客さんの評判も良かったから、1月にはメニューに加えたよ」とのこと。ただし現在も「抹茶の量は試行錯誤中だけどね」。

こだわりがないようで……だけど長年の職人としての腕は確実。こういう店では、マニュアルにはない人情と味つけも一緒にいただくのがイキというもの。

ピリ辛のラーメンをセットにすると
もっとハマる

©2018 TABI LABO
野菜のピリ辛炒めが乗った、通りゃんせらーめん(680円)

「あんかけ お茶ーはん」は、ちょっと甘めなので、セットとしてピリ辛の「通りゃんせらーめん」が人気だよ、と弓岡さん。

決して辛すぎず、喉を通ったときにちょっと残る辛さは、夏はスタミナフードとして、冬はポカポカと体を温めるラーメンとして、これまたクセになりそうです。

最初から中華だったわけじゃない
「通りゃんせ」に歴史あり

©2018 TABI LABO

創業は1980年3月、はじめはお兄さんが経営するお店の2号店として、現在と同じ島田駅前にオープンしたそうです。

「当時、このあたりは都市計画の途中で道が舗装されてなくてね。京風ラーメンやしゃぶしゃぶを提供していたんです。だけど、そうすると近所のお客さんが普段から来られない。そこで、毎日来てもらえるように定食を増やしていって、普通のラーメンとかもやるようになって……徐々に今のお店になっていったんです」

©2018 TABI LABO

周辺が未舗装路だった頃から、島田駅周辺の住民やビジネスマンの胃袋を掴んできた「通りゃんせ」。

お客さんや地元の声によってメニューを変えてきた柔軟性こそが、大きな魅力なのかもしれません。そしてその集大成が、中華料理とお茶の素敵なコラボ「あんかけ お茶ーはん」なのですね。

島田のローカルに根付いた
「街中華」

©2018 TABI LABO

食べて欲しいのは「あんかけ お茶ーはん」だけではありません。

定食とラーメンを中心に、豊富なメニューを揃えるのが「通りゃんせ」。ちなみに人気ナンバー1はしっかりとした味付けが男性陣を唸らせる「焼肉定食」と「焼肉丼」。さきほど紹介した「通りゃんせらーめん」はラーメンの中では人気ナンバー1だそうです。

で、気になったのが卓上にある「とんかつソース」。たしかメニューにとんかつはなかったような……。

©2018 TABI LABO

「焼豚にソースを掛けたいというお客さんがけっこういてね。それで置いとるんよ」

いやいや、それじゃあ、せっかくの味つけが台無しでは?

「そんなのはどうでも良くて、お客さんが好きなように食べてもらえたら、僕はそれでいい」

うーん、こだわりがないようで……やっぱりあると、僕は見ました! それは「お客さんが満足してくれること」。

そんな当たり前のようでなかなかできない深いこだわりを、島田駅前の中華料理屋さんで見つけることができました。周りにはチェーン居酒屋のランチもあるけど、「通りゃんせ」の暖簾をくぐるのが正解だと思いますよ。

「通りゃんせ」

住所:静岡県島田市日之出町1-14
TEL:0547-36-1966
営業時間:11:30~14:00、17:00~20:00
定休日:水曜日

Top image: © TABI LABO
取材協力:島田市
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本がある。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
世の中には、たくさんの「似ているけれど異なるもの」があります。例えば「焼き飯」と「チャーハン」と「ピラフ」。この3つは食べる機会が多いだけに、その違いにつ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...