「ふつうの味」の飲食店の楽しみ方。

あなたが飲食店で満足したと感じるのは、どんな店に行ったときだろうか?

某口コミサイトでは「料理や酒の味、雰囲気、サービス、コスパ」などが評価軸になっているが、飲食店の評価軸ってもっと他にもあるんじゃないだろうか。

そう思ったのは、ある本を読んだことがきっかけ。

「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本。その名も『町中華とはなんだ』(立東舎)である。

「町中華」ってなに?

まずは「町中華」という言葉について。「町中華」は食のカテゴリーではあるけれど、町中華か否かを分ける明確な基準はない。本書から抜粋して紹介すると、以下のように書かれている。

昭和以前から営業し、気楽に入れて1000円以内で満腹になれる庶民的な中華店。単品料理主体や、ラーメンなどに特化した専門店と異なり、麺類、飯類、定食など多彩な味を提供する。カレーやカツ丼、オムライスを備える店も。大規模チェーン店と違ってマニュアルは存在せず、店主の人柄や味の傾向もはっきりあらわれる。(本書より/北尾トロ)

「まずさ」は個性である。

本書では、北尾トロ、下関マグロ、竜超という三人のライターが「町中華探検隊」と名乗って町中華を食べ歩き、その記録や研究を行っていく。普通のグルメ本であれば、美味しい店だけを紹介しそうなものだが、まずい店についても言及してしまうのがこの本の面白いところ。

うまくない。というか、かなりまずい。さほど難しい料理じゃないはずなのに、どうしてこんな仕上がりになっちゃうんだろう。言っちゃ悪いが、ボクが作った方がはるかにマシだぞ。おまけに、その店の料理はどれも安くない。ぶっちゃけ"お高め"の部類である。同じ料理が、大手チェーン店に行けばずっと安く食べられるし、はるかにうまい。(中略)

常識で考えれば、寿命の長い店と言うのは"うまい"か"安い"のどちらかである。でもボクらの入った店は、その両方が落第レベルなのにしぶとく生き残っている。あの店の常連たちは、たぶん「まずさも個性のひとつ」ととらえているのだろう。その思考は町中華探検隊のスピリッツと共通している。店屋物にうまさや安さを求めるのが人の常のはずなのに、あまりうまくなく、さほど安くもない代物を、わざわざ交通費をかけて食べに出かけているボクたち。けれども、そこに苦行感などはみじんもない。ボクらは様々なマイナス要素も含めて町中華探検を楽しんでいるのだ。(本書より/竜超)

これは私だけに限らないと思うのだけど、最近、行き当たりばったりで飲食店に入ることがめっぽう少なくなっている。事前にレビューサイトで確認しておいたり、雑誌に取り上げられていた店に行くなどの裏付けを取っておき、確認作業に出かけている自分がいる。

だけど、たまには偶然の出会いにかけてみるのもいいかもしれない。思いっきりハズレを引いたときは、本書のように「美味しくも安くもない店が、なぜ淘汰されずに残っているのか」なんて考えてみようと思う。

ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。そんな飲食店を救うための食券の事前購入サービス「Ticktime(チケッタイム)」をご紹介。
今回は神楽坂にある老舗「龍朋(りゅうほう)」の絶品チャーハン。50年近く行列必須の中華料理屋さんで食べるチャーハンってどーなんよ?ついでに回鍋肉(ほいこう...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
今回は新宿にある「上海小吃」。ゲテモノが有名らしいけど、新宿の隠れた名店にある「揚げパン」が絶品の中華料理に行ってきたで!SNSで人気のお店って実際はどー...
今回は原宿にある「GOMAYA KUKI」。世界一濃いごまアイス専門店!ごま油をかけて食べる不思議なごまアイス!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?価...