忙しいときに思い出す、「チャルダ専門店」がここにある。

2017年10月1日、自由が丘にオープンした『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐かしい郷土菓子として愛されてきたチャルダの専門店。

結ばれる両家の家紋が片面ずつ刻まれ、ぴったりとはさまれて焼くその製法から、婚礼にも欠かせない縁起物なのだそう。

イタリアの中でも限られた場所でしか馴染みのないお菓子を、なぜ専門店としてオープンしようと思ったのだろう?どうしても聞いてみたくて、オーナーの飯田尚志さんに取材をお願いしてみることに。

こころよくOKをもらって、私はクリスマス色に染まった自由が丘に向かった。

大切に手作りしたものを、
目の前の人に直接届けたい。

「僕、じつは17年前からIT業界で働いているんですよね」。

さっそくお店をオープンした経緯を聞いてみると、思いもしなかったストーリーのはじまり。思わず「えっ」と声が溢れてしまった。イタリアで暮らしていたわけでも、飲食に関わることをしていたというわけでもなく、IT業界。

飯田さんはもともと、宝飾の接客業をしていたそう。IT業界に入ったのも、IT技術をうまく導入すれば、接客業は改善できることが多いと感じていたから。とはいえ、当時は宝飾から転職して、まったく関係ない業種へ行く人もほとんどいなかったようで、相当な異端児だと思われていたと笑いながら話してくれた。

IT企業を立ち上げて、便利な仕組みは作れるようになったものの、心の中では「目の前のお客さんに、一生懸命作ったものを渡したい。自分たちで、また接客したい」という思いがやっぱり強くなり、接客業出身の仲間たちと、いつか新規事業として飲食店を開こうと決めていたのだそう。

そんな時に、イタリア出張から帰ってきた友人がお土産にくれたのが「チャルダ」と、ふたつの焼き型。イタリア人ですら知らないような郷土菓子が、ひょんなことから日本人と繋がった瞬間、飯田さんはこれだ!と確信を持ったのだ。

実際に友人が持ってきてくれた焼き型のひとつ。今でもこれを使って、毎日焼いているのだそう。

クッキーとも、他の焼き菓子ともちがうザクザク感と、優しい味がとても気に入って。巡り合わせですよね。ずっと心に抱いてきた飲食店を持つことができて、体力的にはきついこともあるけど、やっぱりすごく楽しいですよ。

やりたいことは、なんでもやってみないとね。

ずっと心が求めていたものを、ようやく実現できた10月1日。教えてくれたストーリーには、目の前の人になにかを届けることへの思いの強さが溢れていた。

すべてが「ちょうどいい」
つまり、究極に居心地がいい。

飯田さんのライフストーリーを伺ったあと、人生初のチャルダをいただいた。オススメだと教えてくれた、12月1日から25日まで限定メニューの『クリスマスチャルダ』。

ふわふわのマスカルポーネのクリームの上には、めずらしい自由が丘産のはちみつ『丘ばち』と、自由が丘ドライフルーツのお店、アラカルトから仕入れた『アップルシナモン』のトッピング。とろっとしたソースと一緒に、ベリーがたっぷり詰まっていて、ひとくち頬張った瞬間、私は感動の声を少々大きめに漏らしてしまった。

してやったり、な優しいスタッフの微笑みを見て、さらに胸の奥によろこびが積もる。

オープンとほとんど同時に、小さな女の子と手を繋いだお母さんが来店した。

大きな飾窓からめいっぱい差し込んでくる太陽のひかりが、日向ぼっこみたいな気持ちのいいぬくもりをくれて、充満したコーヒーの香りと、甘く香ばしいおやつの知らせに、体の中からよろこんでいく。

「おいしそうだね、ばぁばにも買っていこうか」

ガラス越しにチャルダを指差す女の子のとなりで、お母さんがそう声をかける。

なんてのどかな空間だろう……。そう思っていたとき、そっとグラスが差し出された。甘さ控えめといっても、クリームを食べたあとはコーヒーより水を飲みたいときがある。このタイミングで届いたグラスに、ほろりと嬉しさ2割増。

この店内にあふれているすべてが、とにかく、ちょうどよかった。目に映るもの、聞こえるもの、口の中に広がるもの。

「ちょうどいい」は、かんたんそうな響きをしているけれど、ほんの少しの調合が狂えば成立しなくなるもの。足を踏み入れる人の気持ちの隅々までイメージして、寄り添わなければつくれないもの。

“おいしい”って、思い出すこと

「ざっくばらんにお話してしまったけど、大丈夫でした?」と聞いてくれた飯田さんに全力で感謝を告げて、お日様のあたたかさにマフラーをしまいながら、お店に背を向けて歩きだす。後ろ髪を引かれるように振り返って、なんて幸せな日だろう。と、心の中でつぶやいた。

12月は慌ただしい。師と言わず、部長もバタバタと走り出してしまうほど。この1ヶ月のうちに終わらせなければいけないことは多いのに、日が短いからすぐに夜が来てしまう。そうこうしているうちに、2017年は残り2週間。

 

『La・Cialda』は、焦るときほど足を運んでほしい場所。この気持ちよさにどっぷり浸かると、穏やかに流れる世界から、ずいぶん切り離されてしまっていたことに気づかせてくれる。

そして外が暗くなるのを見て焦るような日は、あの空間を、あの味を、あの優しさを、思い出す。

“おいしい”って、こんな記憶をつくってくれることだと思う。

Licensed material used with permission by La・Cialda
他の記事を見る
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本がある。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
イタリアの夏に欠かせない「ジェラート」。これを旅行者が失敗せずに本物の味に出会うためには、何に注意しなければいけないのか。本当においしいジェラートにありつ...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフト...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。