アブ、蛾、ゴキブリ……言われなければ気づかない。これが「昆虫専門店」の実力だ!

タンパク質が豊富で環境への負荷も少ないと、世界中で注目が高まる昆虫食。だけど……素揚げしたバッタやコオロギや幼虫、あのビジュアルに抵抗がある人も少なくないはず。

そんななか、南アフリカのケープタウンに昆虫食専門のレストランが登場した。店名もそのまま「The Insect Experience」。興味本位のキワモノ扱いではなく、普通においしい料理として味わって欲しいとシェフ。

その専門店が提供する料理がコレだ!

© Gourmet Grubb
「ん?どこに?」というのが正しい反応です。
 
チェリートマトとバジルを散らした平打ちのパスタ生地に練り込まれているのは、乾燥させてパウダー状にしたアメリカミズアブの幼虫。丸いファラフェルにも同じくこの幼虫が入っており、スティック状のフライにはモパネワーム(蛾の幼虫)が素材として使用されている。
 
というように、書き出せばどれも昆虫。でも、こうしてしまえば虫が使われていることさえわからないではないか。
 
考えてみれば、わざわざ姿形を残して提供するのは、「昆虫食です」あるいは「ゲテモノです」を誇張したいがゆえなのではないだろうか。冒険心を持たずとも、罰ゲームのように構えずとも、こういった昆虫食の提供の仕方もあるという、そんなアイデアをもらえたニュースでした。
©Gourmet Grubb

ゴキブリの分泌液「Entomilk」を使って作った「バイエルン風ダンプリング」。

Top image: © Gourmet Grubb
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
昆虫の数の減少が止まらない。そんな昆虫の減少は、人間を含む生態系全体に対しての脅威となりうる。そんな危機を回避すべく、ドイツで「昆虫保護法案」が発表された。
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
細かい設定いらずで、除菌のみの機能を有したシンプル設計の歯ブラシ除菌キャップが登場。コンパクトサイズだから外出時に最適で、新紫外線「UV-C LED」使用...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
食べるのがもったいないほど美しい「花束ケーキ」が12月1日より発売開始。エディブルフラワーが主役の特別なケーキは、クリスマスプレゼントにも。
ピザのおいしさがギュッと詰まった新感覚クッキー「PIZZA BEAR(ピッザベア)」がお目見え。来月13日(日)まで、JR東京駅構内の「グランスタ東京」に...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
「昆虫食」を販売する自動販売機が、輸入食材店が軒を連ねる「アメ横センタービル」入口と、アメ横の高架下にある「アメ横プラザ商店街」内の通路の2箇所に登場。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...