アブ、蛾、ゴキブリ……言われなければ気づかない。これが「昆虫専門店」の実力だ!

タンパク質が豊富で環境への負荷も少ないと、世界中で注目が高まる昆虫食。だけど……素揚げしたバッタやコオロギや幼虫、あのビジュアルに抵抗がある人も少なくないはず。

そんななか、南アフリカのケープタウンに昆虫食専門のレストランが登場した。店名もそのまま「The Insect Experience」。興味本位のキワモノ扱いではなく、普通ににおいしい料理として味わって欲しいとシェフ。

その専門店が提供する料理がコレだ!

© Gourmet Grubb
「ん?どこに?」というのが正しい反応です。
 
チェリートマトとバジルを散らした平打ちのパスタ生地に練り込まれているのは、乾燥させてパウダー状にしたアメリカミズアブの幼虫。丸いファラフェルにも同じくこの幼虫が入っており、スティック状のフライにはモパネワーム(蛾の幼虫)が素材として使用されている。
 
というように、書き出せばどれも昆虫。でも、こうしてしまえば虫が使われていることさえわからないではないか。
 
考えてみれば、わざわざ姿形を残して提供するのは、「昆虫食です」あるいは「ゲテモノです」を誇張したいがゆえなのではないだろうか。冒険心を持たずとも、罰ゲームのように構えずとも、こういった昆虫食の提供の仕方もあるという、そんなアイデアをもらえたニュースでした。
©Gourmet Grubb

ゴキブリの分泌液「Entomilk」を使って作った「バイエルン風ダンプリング」。

Top image: © Gourmet Grubb
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...