「昆虫食ドッグフード」日本初上陸

いよいよ昆虫食ブームの波は、「ペット」業界にまで波及。

この、「ヨラドッグフード」に配合されているのは、アメリカミズアブの幼虫だ。見た目はちょっと苦手な人も多いかもしれないが、タンパク質やビタミン、ミネラル、脂肪酸がバランス良く含まれている上、鶏肉よりも消化吸収率が高く、敏感な胃を持つ犬たちにもおすすめの食材なのだとか。

幼虫たちは、オランダの食用昆虫工場で、有機農場から調達した野菜や果物の残渣を食べて養殖されているので、残留農薬などの危険もないとのこと。抗生剤、ホルモン剤、香料、着色料、小麦不使用と、犬にとっていらないものをできるだけ省き、さらに食物にアレルギーを持つ犬も増えている中、昆虫はアレルギーが非常に発生しにくい原材料の1つであるというのも嬉しいポイントだ。

開発者のトム・ニッチ氏は、「世界中で消費される肉類や魚類のうち、ペットフードに使用される割合は20%にも達する」という事実に衝撃を受け、何かできることはないかと模索する中で、近年関心が高まっている「昆虫食」に注目。 その後、このドッグフードの開発に至ったという。

肉や魚の生産に、膨大な温室効果ガスが排出されている一方で、同じ量のタンパク質を生産する際に、「ヨラドッグフード」の昆虫は、牛肉と比べるとたったの約「1/25」しかガスを排出しない。さらに、必要な土地は牛肉の約「1/45」、水の消費量は牛肉の約「1/20」と、少ない資源で生産することが可能だ。

犬の体にはもちろん、地球にも優しい昆虫食ドッグフード。試してみる価値がありそうだ。

©2020 株式会社レティシアン
©2020 株式会社レティシアン
©2020 株式会社レティシアン

ヨラドッグフード

【販売サイト】https://www.yoradogfood.com/YDF00007

Top image: © 2020 株式会社レティシアン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
昆虫食通販「バグズファーム」を運営する「株式会社アールオーエヌ」が、昆虫食をより身近に感じられる昆虫酒700mlフルボトルサイズの取り扱いを開始。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
ペットフーディストによるカウンセリングで、体質、体調、性格、生活習慣、嗜好、病歴などを細かくヒアリングし、約100種類のなかから、愛犬に合った食事を提案す...
快適な睡眠環境を提供するスリープマスク「nodpod」が、カルフォルニアから日本初上陸。ハグをされているような感覚で優しく包み込んでくれる。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
食用コオロギパウダーを使った「コオロギと温泉水のチップス」は、一般的なポテトチップスと比べると高栄養&低カロリーな昆虫食チップス。食べ始めたら意外とハマるかも?
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
「昆虫食」を販売する自動販売機が、輸入食材店が軒を連ねる「アメ横センタービル」入口と、アメ横の高架下にある「アメ横プラザ商店街」内の通路の2箇所に登場。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...

おすすめ記事

浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
窓ガラスにはシンデレラの物語が美しいステンドグラスで描かれていたり、魔法の鏡からはシンデレラの映画が流れていたり、おとぎの世界に浸ることができる仕掛けがた...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...