「昆虫食ドッグフード」日本初上陸

いよいよ昆虫食ブームの波は、「ペット」業界にまで波及。

この、「ヨラドッグフード」に配合されているのは、アメリカミズアブの幼虫だ。見た目はちょっと苦手な人も多いかもしれないが、タンパク質やビタミン、ミネラル、脂肪酸がバランス良く含まれている上、鶏肉よりも消化吸収率が高く、敏感な胃を持つ犬たちにもおすすめの食材なのだとか。

幼虫たちは、オランダの食用昆虫工場で、有機農場から調達した野菜や果物の残渣を食べて養殖されているので、残留農薬などの危険もないとのこと。抗生剤、ホルモン剤、香料、着色料、小麦不使用と、犬にとっていらないものをできるだけ省き、さらに食物にアレルギーを持つ犬も増えている中、昆虫はアレルギーが非常に発生しにくい原材料の1つであるというのも嬉しいポイントだ。

開発者のトム・ニッチ氏は、「世界中で消費される肉類や魚類のうち、ペットフードに使用される割合は20%にも達する」という事実に衝撃を受け、何かできることはないかと模索する中で、近年関心が高まっている「昆虫食」に注目。 その後、このドッグフードの開発に至ったという。

肉や魚の生産に、膨大な温室効果ガスが排出されている一方で、同じ量のタンパク質を生産する際に、「ヨラドッグフード」の昆虫は、牛肉と比べるとたったの約「1/25」しかガスを排出しない。さらに、必要な土地は牛肉の約「1/45」、水の消費量は牛肉の約「1/20」と、少ない資源で生産することが可能だ。

犬の体にはもちろん、地球にも優しい昆虫食ドッグフード。試してみる価値がありそうだ。

©2020 株式会社レティシアン
©2020 株式会社レティシアン
©2020 株式会社レティシアン

ヨラドッグフード

【販売サイト】https://www.yoradogfood.com/YDF00007

Top image: © 2020 株式会社レティシアン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
ホテルブランド「ヒルトン」から、日本初上陸となるブランド「ヒルトン・ガーデン・イン」を京都に2022年12月開業すると発表された。
快適な睡眠環境を提供するスリープマスク「nodpod」が、カルフォルニアから日本初上陸。ハグをされているような感覚で優しく包み込んでくれる。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
昆虫の数の減少が止まらない。そんな昆虫の減少は、人間を含む生態系全体に対しての脅威となりうる。そんな危機を回避すべく、ドイツで「昆虫保護法案」が発表された。
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...