昆虫食が買える自動販売機が、熊本に設置される

国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。その見た目から食わず嫌いをする人も多いのですが、昆虫にはたくさん栄養があるとも知られていますよね。とは言っても、個人的にも食べたことがあるのはイナゴの佃煮くらいですが……。

「日本に暮らしている人に虫をもっと食べてほしい」という思いから、熊本県に昆虫食が買える自動販売機が設置されました。バッタのチョコレート包みやコオロギのプロテインバーなど、計8種類のラインナップ。値段は600円〜1000円です。

素揚げで虫のカタチがそのまま分かってしまうのは、正直なところイヤだと思ってしまうかもしれないけど、チョコで包まれていたり粉末にしてプロテインバーになっていたりするなら、意外と美味しく食べられそうですよね。

©2018 DISCOVER BALLOON
©2018 DISCOVER BALLOON
Top image: © 2018 DISCOVER BALLOON
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。