【2/28まで】お台場で「未来の食」を味わう!『未来食フェア~昆虫~』開催中

東京・お台場にある「日本科学未来館」にて、未来の食として注目が高まる昆虫食を気軽に体験できる『未来食フェア~昆虫~』が、昨年暮れから2021年2月末まで開催中だ。

同ミュージアムにあるショップカフェレストランがそれぞれ工夫を凝らして100アイテム以上になる昆虫スイーツなどを用意。

「未来コオロギオツマミ」(345円)や「ソフトクリーム 昆虫チョコトッピング」(680円)、「シルクワームカレー」(1500円)といった“食べる昆虫”各種をはじめ、リアルな造形の特大カイコのぬいぐるみなど、グッズも豊富に揃う。

科学の視点でどんな未来をつくっていくかをともに考え、語り合う場でもある「日本科学未来館」で、古くからの文化でもあった「昆虫食」を見直す温故知新な体験ができる機会となっている!

©国立研究開発法人科学技術振興機構
©国立研究開発法人科学技術振興機構

『未来食フェア~昆虫~』

【場所】日本科学未来館(東京・お台場)
【開催期間】2021年2月28日(日)まで開催中
【休館日】火曜日(ただし、2月23日は開館)
【対象店舗】1階/ミュージアムショップ「Miraikan Shop」、5階/カフェ「Miraikan Cafe」、7階/レストラン「Miraikan Kitchen」

Top image: © iStock.com/doble-d
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
昆虫食通販「バグズファーム」を運営する「株式会社アールオーエヌ」が、昆虫食をより身近に感じられる昆虫酒700mlフルボトルサイズの取り扱いを開始。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
「昆虫食」を販売する自動販売機が、輸入食材店が軒を連ねる「アメ横センタービル」入口と、アメ横の高架下にある「アメ横プラザ商店街」内の通路の2箇所に登場。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
いよいよ昆虫食ブームの波は、「ペット」業界にまで波及。「ヨラドッグフード」に配合されているのは、アメリカミズアブの幼虫。タンパク質やビタミン、ミネラル、脂...
食用コオロギパウダーを使った「コオロギと温泉水のチップス」は、一般的なポテトチップスと比べると高栄養&低カロリーな昆虫食チップス。食べ始めたら意外とハマるかも?
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。