コオロギ醤油!?昆虫食の「ANTCICADA」が開発

昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA(アントシカダ)」が、国産のこだわりのコオロギを米麹を使って発酵させた「コオロギ醤油」を開発。

今回使用したコオロギは、コクや香ばしさをしっかりと持つ国産のフタホシコオロギ。豊富なタンパク質を米麹が持つ酵素で分解し、旨味のあるグルタミン酸などを引き出したという「コオロギ醤油」。旨味とコオロギ由来の香りを持ち、クセは少なく、さまざまな料理に使うことができる。

構想から2年ほどかけて試作・開発を繰り返しながら、愛知県の蔵元「桝塚味噌」の協力を得て商品化が実現したこの醤油。来年1月8日まで実施している「ANTCICADA」のレストラン開業へのクラウドファンディングページをはじめ、完成した店舗やイベントなどで提供していく。

過去にも、ラーメンやカレー、ふりかけなどの昆虫食を紹介してきたが、今度は昆虫発酵調味料。“食べる昆虫”のピースは日々埋まっていくようだ。

©ANTCICADA
©ANTCICADA
©ANTCICADA

『コオロギ醤油』
【商品内容】100ml
【使用素材】フタホシコオロギ、米麹、食塩、水
【提供場所】クラウドファンディングのリターン、ANTCICADAの店舗、イベントにて

Top image: © ANTCICADA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
コオロギラーメンなどで知られる「ANTCICADA」より、蚕沙(さんしゃ/カイコの糞)を原料とした蒸留酒が登場。奥深い香りと、フレッシュな飲み口が魅力的。...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
昆虫食の魅力を探究するレストラン「ANTCICADA」が、先月30日に自宅やオフィスで楽しめる冷凍ラーメン「おうちでコオロギラーメン」をリリース。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...