世界初の「コオロギビール」が渋谷パルコで限定販売<3月15日〜18日>

昆虫食のトレンドはクラフトビールにも!

「渋谷パルコ」1階のポップアップギャラリースペース「COMINGSOON」にて、3月15日からの4日間にわたって「コオロギビール/Cricket Dark Ale」のポップアップスタンドの開催が決まった。

コオロギビールとは、その名の通り、コオロギのエキスを原料に使用したクラフトビール。福島県にあるファームで手塩にかけて育てられた「フタホシコオロギ」とローストモルトを焙煎して麦汁に加えたダークエールだ。

「動物も、植物も、虫も、分けへだてなく向き合える世の中」を目指して活動する「ANTCICADA」と、岩手県遠野市から新たなビアカルチャーを創出する「遠野醸造」が昆虫×クラフトビールの可能性に意気投合したことで、今回の共同開発が実現した。

気になるそのお味は、苦みがありながらもクリーミー、そしてコクが強く重厚感がある仕上がり。トップノートがカカオやカモミールのような香りで、口に含めばキャラメルのようなゆったりとしたうまみが長く続くという。

ビターチョコやコーヒーナッツ、ドライフルーツをはじめ、店頭でも提供されるメキシコの燻製唐辛子「チポトレ」を使った料理との相性は抜群とのこと。

「昆虫食って興味はあるけどなかなか勇気が……」という人でも、これならチャレンジしやすそうだ。

©Join Earth

「コオロギビールPOP-UP STAND by ANTCICADA」

【会期】2020年3月15日(日)〜18日(水)
【時間】10:00〜23:00
【入場料】無料
【場所】COMINGSOON(東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ 1F)

Top image: © Join Earth
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事