コオロギの香ばしさ引き立つ「昆虫入りコーヒー」

「学生昆虫食YouTuber」「全国4位のコーヒー焙煎士」がコラボして生まれたのは、究極の昆虫入りコーヒーだった……。

世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。

昆虫食を愛する1人の大学生の「昆虫食の普及のための商品の象徴となるようなものを作りたい」との想いがきっかけで作られたというこの至極の一杯

味の強いフタホシコオロギの粉末が贅沢に20%配合され、焙煎士が丁寧に焙煎したコオロギの香ばしさが際立つまろやかな味わい。原材料となるコオロギは、話題となった「無印良品」「コオロギせんべい」の提供元と同じところから仕入れているのだとか。

グリーンなイメージのパッケージは、プレゼントにあげてもコオロギ入りだと気づかれなそうなオシャレさ。これなら手に取りやすい。

購入はコチラから。

©株式会社アールオーエヌ
©株式会社アールオーエヌ
Top image: © 株式会社アールオーエヌ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
株式会社MNHが、新商品「未来コオロギ柿の種」を6月15日より先行発売することを発表した。味は、アヒージョ味(スペイン)、タコス味(メキシコ)、トムヤムク...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
昆虫の数の減少が止まらない。そんな昆虫の減少は、人間を含む生態系全体に対しての脅威となりうる。そんな危機を回避すべく、ドイツで「昆虫保護法案」が発表された。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
「感じ良いくらし」をテーマに生活に密着したさまざなプロダクトを提案する「株式会社良品計画」が「コオロギせんべい」を商品化!?
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて「こおろぎだしパック」が販売中。コオロギ以外の動物性素材を一切使用せず、洗練された優しい旨味を実現。