3月17日は「St Patrick's Day」緑色のビールでお祝いしよう!

アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルランドに派遣された司教の名前。彼の命日である3月17日をメインに、各地で数日間の祝祭が開かれています。

この日、アイルランドは
緑一色に染まる。
それが「ビール」だとしても

751ac96861a42d3e79614c0b4571284f1769cd03

とにかくお祭りの期間中は、シンボルカラーである緑色のものを身につけるのがしきたり。それ以外の色を着ていると、周りの人からつねられてしまう、なんてハナシも。ビックリしてしまうことに、なんとビールまでもが緑色に染められるんです。もうこうなると、ほとんど緑一色!

今日ばかりはいつもと気分を変えて、セント・パトリックス・デーを一緒にお祝いしてみませんか?

ピルスナー(200mlくらい)、もしくはラガー・ビールにブルーキュラソー(50ml)とレモン汁を数滴。ビールが美しいグリーンに変わりますよ。

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...