もう飲んだ?2020年に発売の「注目のお酒」5選

ノンアルコール需要が高まる一方で、今年もさまざまなアルコール飲料が発売された。

そのなかには、コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、時流を反映した商品も。

普段あまりお酒を飲む機会ががないという人でも、この時期は、2020年の締めくくり2021年の門出を祝って飲む「ちょっと特別なお酒」を探している人も多いのでは?

ならば、こんなお酒を候補に入れてみるのもありかも……。

「IKEA」でしか買えない
低アルコールクラフトビール

IKEAでしか買えない低アルコール飲料、ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」のクラフトビール
©イケア・ジャパン株式会社

今年6月4日より、全国のIKEAストアで販売が開始された目にも鮮やかなこの缶は、ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」のクラフトビール。

4種はどれもアルコール度数が0.3%の低アルコールクラフトビールで、華やかな香りとリンゴンベリーやブルーベリーなどフルーティーな味わいが特長だという。

サイケデリックなパッケージは、飲んだ後も捨てずに飾っておきたくなるかも。

ちなみに、日本ではIKEAでしか販売されていない

 

詳しく読む>>>

コロナ禍で余剰となったビールで
作った「クラフトジン」

コロナ禍で余剰となったビール「バドワイザー」で作ったクラフトジン「REVIVE」
©エシカル・スピリッツ株式会社

 

緊急事態宣言外出自粛時短営業……外食が減ることでビールの売り上げも激減した今春、「バドワイザー」ブランドをグローバルで展開する「アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン」によると、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となったという。

これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせたのが、特製ジン「REVIVE」だ。

廃棄するはずだったバドワイザーを蒸留した原酒にブナの木を漬け込み、ビールで加水。そこにジュニパーベリーホップレモンピールを加えて香り付け。バドワイザーの製法や背景をリスペクトしつつ、革新的なコンパウンドジンに生まれ変わらせた。

 

詳しく読む>>>

世界初!「タガメ」を使った
クラフトジン

「ANTCICADA(アントシカダ)」が、岐阜県郡上八幡の「辰巳蒸留所」と共同開発、世界初のタガメを使用したクラフトジン「First Essence Tagame Gin」
©株式会社Join Earth

世界初のタガメを使用したクラフトジン「First Essence Tagame Gin」

これは、コオロギラーメンコオロギビールなどで知られる「ANTCICADA(アントシカダ)」が、岐阜県郡上八幡の「辰巳蒸留所」と共同開発したもの。

使用されるタイワンタガメは、主に東南アジアに分布する水生昆虫の一種。中国南部やタイなどで食用とされており、日本に生息しているタガメよりも強い香りを持つ。とくに繁殖期のオスのフェロモンは、洋梨や青りんごなどを思わせる芳香が特徴的なのだとか。

「First Essence Tagame Gin」は、そんなタイワンタガメの持つフルーティな香りとジュニパーベリーの爽やかな香り、そして辰巳蒸留所が原酒として使用する粕取り焼酎の芳醇な香りが絶妙にマッチしているという。

 

詳しく読む>>>

家飲みに革命を起こす
「ペットボトル」生ビール

家飲みに革命を起こす「ペットボトル」入りの生ビール
©2020 グリーンエージェント株式会社

世界の酒類・食品を輸入する「グリーンエージェント株式会社」が運営する「マーベリックス ビアステーション」は、工場と同等の精度でビールを充填できる「専用充填機」と、ビールの品質劣化の原因となる酸素の透過を防ぐ特殊なコーディングを施した「生ビール専用ペットボトル」を採用。

これにより、日本全国に新鮮な生ビールを届けられるようになった。

「ペットボトル生ビール」の第一弾は、マーベリックス ビアステーションのイチ押しビールでありながら、世界的なビールイベント「オクトーバーフェスト」でも人気の生ビール「エルディンガー ヴァイスビア」

果たして、ペットボトル生ビールの実力はいかに……?

 

詳しく読む>>>

「本みりん」で作った
ほうじ茶のリキュール

本みりんで作ったほうじ茶のリキュール
©九重味淋株式会社

この「Rincha」は、本みりんほうじ茶を漬け込んだリキュール。アルコール度数は13%。お酒のように楽しむみりんだ。

ベースとなるのは、ウイスキーの木樽で熟成させて作る「まろりか」。業界初!と注目の樽貯蔵本みりんは、木樽特有の樽香をまとい、味や風味にまろやかさが増す。これに同郷西尾産のほうじ茶をシンプルに漬け込んだだけ。

みりんとほうじ茶の斬新な組み合わせだが、これが食前酒にも就寝前のナイトキャップとしても飲みやすいのだ。

 

詳しく読む>>>

Top image: © エシカル・スピリッツ株式会社, 2020 グリーンエージェント株式会社, 株式会社Join Earth
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
「RIZAP」と「オリオンビール」がコラボして発売する「FITTER」は、太ることを気にせず飲めるアルコール飲料。ダイエットやボディメイクに勤しむあなたに。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
「サッポロビール」より6月23日にリリースされる「サッポロ うまみ搾り」は、これまでにない世界で初めての試みにチャレンジしたノンアルコールビール。その機能...