高校時代の友だちと飲むお酒が一番おいしい「21の理由」

少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えないハッピーな気持ちになります。

そこに「お酒」があれば、会えなかった時間を埋めるかのようにどんどん話は盛り上がるでしょう。気をつかわなくていいし、少しくらい醜態をさらしても安心。「Elite Daily」の記事を読むと、思わず「わかる!」って共感できるはず。

01. 
「超サイアク」な状態を見られても平気

体裁なんて気にせず好きなだけ飲めるのは、便器を抱えて吐くあなたの髪を持ってくれるくらい仲良しだから。

02. 
気軽に自由解散でOK

そのためにタクシーが走っているんだから。

03. 
親にウソをつく必要がない

誰と何をしているのか、と事実を伝えても咎められることはない。

04.
昔とは違って、酔っ払っているのを隠して家に帰らなくていい

もう親元を離れているからね。気になるのは、ドアマンの視線くらい!

05.
普段会えない友だちに会うと、ちょっとした旅行気分に

ホテルも予約する必要ないのに、タダで旅行気分が味わえる。

06.
最近連絡を取っていなかったことなんて関係ない

社会人になりバタバタとした生活を送っていると、友だちと連絡を取り続けるのは難しくなるもの。

ちょっとギクシャクしちゃうかな?と思いきや、会えばまったくそんな素振りを感じさせない。まるで昨日も一緒にいたかのような気楽さを感じるはず。

07.
高校時代の話で盛り上がれる

久しぶりに大学の友だちと合うと、だいたい世間話からはじまる。でも、高校の友だちの場合は、もっぱら当時のおもしろ話で盛り上がる。

久しぶりに振り返ってみると、「私、成長したなー」と今の自分を肯定できたり!なにより昔話ってサイコーに楽しいよね。

08. 
昔の自分に戻れる

就職もしたし、請求書の支払いも自分でするようになった。きっと自立したのよ。でも昔の友だちと合った瞬間、いつもピンと張っている糸が切れる感じがするの。

09.
積もる話が多すぎる

毎日会う相手じゃないから、話したいことはたくさん。

10.
まるで、家にいるような安心感

やっぱり、一番ホッとするんだよね。

11. 
何を話してもみんなを驚かせられる。逆もまた然り

SATとか大学の話ばかりしないでいいから、みんなを驚かせるのもとっても簡単。

12.
友達家族の近況が知れる

よく家に遊びに行っていたから話もしていたし、ごはんも作ってくれた。そんな友だちの両親の近況を知れるのもうれしい。

13.
再会したことを両親に話すと「久しぶりに連れておいで」と言ってくれる

あなたの両親だって、久しぶりにあなたの友達に会いたいかもしれない。

14.
親のお酒を飲んだあと、バレないようにお水を…

…なんて、もう昔に話。こっそり盗まなくても、もう自分でお酒を買えるの!

15.
自分の好きなお酒が飲める

気兼ねなく飲めるけど、ビールにワイン、日本酒…いろいろ飲んで2日酔いになるよりは、1種類しかない親のお酒をくすねるほうがマシなのかも。

16.
醜態をさらしても、会うのはまた1年後

年に1〜2回の集まり。これこそ隠れたメリットじゃない?

17.
自分よりひどい酔っぱらいが必ずひとりはいる

あ、こっちが一番のメリットか。

18.
そもそも、高校時代よりみっともないことをするわけがない

少なくとも18歳のときよりは大人になっているはず。酔っ払った勢いで友だちの彼氏と…なんてこともしない。

19.
安物のお酒でも、気にする人はいない

何度も安いお酒を飲んだ仲だしね。

20. 
恋人への口実を考えてくれる

恋人から「早く帰ってきて」と電話がきても、きっと楽しい夜を過ごすために2人の仲を取り持ってくれる。

21.
少しは上品になった

その夜の写真に写るみんなの姿は、今までで一番イケてるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
出会いは飲み会。酔っ払って異性とどうこう…なんて話はよく聞くけど、お酒の力で仲良くなれるのは異性だけじゃない。「付き合いでの飲み会はやめるのがベター」と言...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
僕たちは、誰でも旧友を持っている。学校で一緒だった友だち、職場が一緒だった友だちなどだ。歳をとると旧友と会う頻度が少なくなったという人は多いのかもしれない...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
防水素材を使ったドリンクホルダー付きのネクタイ。開発にはしっかり時間をかけています。これさえあれば、飲み物をこぼすことはもうないかも?
お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさ...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...