お酒を飲んで楽しかった日のことって、すぐ忘れちゃう。

 

すぐ忘れちゃいませんか?

わたしは、総じて楽しかったのは覚えてるけど、くわしくは思い出せないってこと、よくあります。

それ、ロンドンで活動するフォトグラファーGioia de Bruijnも同じみたいで。お酒を飲んで楽しかった瞬間をちゃんと記録しておくために、シリーズ作品「Weekend Warriors」の撮影をスタートしたそうです。

 

4552826730577920

 

平日は真面目なビジネスマンや勤勉な学生たちが、日々のプレッシャーから解放される週末に、していることや考えていること。それをただただ記録したかったの。

 

6340195892854784654192191681331251742795072798725282579792003072563627893876326452564222332108805372380578840576480112737989427260187044374118404549848573411328507332898534195247694976301137925398353185603584

 

このダメ〜な感じ、好きです。平日を必死で戦っている証拠ですよねえ。

 

Licensed material used with permission by Gioia de Bruijn
小さな島で過ごした夏の日のこと。
 これ、ロンドンで活動するフォトグラファーGioia de Bruijnのシリーズ作品なんだけど。はじめたきっかけは、こういうことだったみたい。 以前付き...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ハタチになってお酒が飲めるようになり、浮かれてつい犯してしまった過ち。今だからこそ笑えるわけなんです。さて、アメリカ人で同じように昔を思い出すとしたらどん...
スイスで活動するフォトグラファーSim Ouchが撮った、カオスな夜の風景をご覧ください。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...