食べるほどに酔いがまわる「ジェロショット」がうまヤバかった

アメリカンポップスにもその名が登場するほど、認知度の高い「Jello Shots(ジェロショット)」、聞いたことくらいはあるはずです。

アメリカで人気の粉末ゼリーJell-o(ジェロ)に、アルコールを加えてつくるカクテルゼリーは、若者やパーティーラバーを中心に大人気。つくり方はとっても単純なんです。

食べ過ぎ注意!な
大人のカクテルゼリー

Baf754058b4f30a75f50fc30528bf06994741011Ca12b897faf5e0269c54c31c6f395f0c51849660Ab2b3aa0e9fa8d2b6a7ca1572c06865072ce46d6

鮮やかなパステルカラーがジェロの特色。フレーバーも多彩だから、余計な味付けは不要。テキーラやウォッカなどで割ってつくるのが定番です。ゼリーの素にアルコールとお湯を混ぜて固めれば、いろんなバリエーションを楽しむことができますよ。

ここでは、オススメのジェロショット3選をご紹介!

■青りんごゼリー×ラムホワイト

・ゼリーの素(青リンゴ味):30g
・お湯:150ml
・ラムホワイト:小さじ1

■オレンジゼリー×ブランデー

・ゼリーの素(オレンジ味):30g
・お湯:150ml
・ブランデー:小さじ1

■ピーチゼリー×キルシュ

・ゼリーの素(ピーチ味):30g
・お湯:150ml
・キルシュ:小さじ1

それぞれ混ぜ合わせてグラスに注いで冷やし固めたら、お好みのフルーツを飾り付けます。これだけでOK!見た目も華やかなジェロショットで、パーティを彩ってみては。

かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??